[日記]私は必要ですか?

シェアする

会社で評価を告げられた。7段階で3。

3年目の昇格以降グレードは変わっておらず今年で10年目なのにこの評価である。ヤバイ。落ちこぼれ。いやホントに。

半分より下になったのはこのグレードになってから初めてだ。

評価のフィードバックの場でめったに質問などしなかった私だが、珍しく聞いた。

「私は必要ですか?」


「必要とか必要じゃないとかじゃないんだよ!」

ごまかされているが、つまりは必要じゃないらしい。必要なら必要だと言うだろう。

次回の社内での個人発表では「なぜたかぎしは落ちぶれたのか?」というテーマで赤裸々に語ろうと思う。後輩たちに反面教師にしてもらえれば良い。生々しく語るのは得意である。面白くなること間違いなし。

しかし、落ちぶれるとは随分傲慢だと思われるかもしれない。最初から下にいるんだから落ちてるという表現はおかしいのでは?

そう思われるのは当然だが、昔はずっと6の評価をいただいていたのである。最近でも、今の私を知らない先輩が優秀だと言ってくれたが、もはや言われてて悲しくなってしまう。といってもその人と直接は一緒に仕事したこと無いんですけどね。


だが、こうなったのも自業自得、身から出た錆である。

嫌々行ったプロジェクトだったとはいえ、そこでのやり方に適応できなかった。そしてやる気もなく仕事をしていなかったのだから。

仕事量で言えばたぶん昔の10%にも満たない。そりゃあ評価されるのも難しいだろう。

逆にそれで3ですんだことを考えるとスゴイんじゃね?10%の労力で60点に見せる。コストパフォーマンスは抜群である。

というわけで会社から必要とされておらず崖っぷちの私だが焦りはない。

社内評価は地に落ちた私だが対外的にはすこぶる高評価なのだ。10年も保険を扱ってきた私なので、自分自身もしっかり保険を持っているものなのである。


過去に経験した3プロジェクトのうち直近2プロジェクトで引き抜きの話を頂いた。外資系生命保険会社のマネージャーの方から頂いたそのメールは嬉しくて永久保存したよね。

でも評価の理由を聞いたときに「若いのにしっかりしてる」って言われたけど何歳に見られてたんだろうか。つい最近、初対面の後輩から社会人2年目の子と比べて「どっちが上ですか?」って聞かれたんだけど、その子より下だったら俺は新人になっちゃうんだが。


直近の方は、3月末に送別会を開いていただいたときに、あまり関わりがなかったのに話をしたいと他社のマネージャーさんがわざわざ来てくれ名刺を渡していった。

天下のNTT系システム会社のマネージャーさんである。

「君のことは非常に高く評価しています。何かあったら面倒を見るからいつでも来なさい」

偏屈なおじさんで「意味がわからない」と私も怒られたことがあり、むしろ低評価だと思っていたので驚いた。

なんせ上でも書いたとおり適応できず大した仕事をしていないのだから。

細かくなるので省略するけど、評価ポイントがちょっとおかしかった。人を見る目があるのかは疑問だ。

まあ良い、これで私も天下のNTTである。今の会社を見返して倒すチャンスを得た。



というのはウソだけど。

そんなわけで4月から社内ニートになっていたが、娘から「おとうさんおしごとなにしてるの?」と聞かれたときに

「エクセルをどれだけ早く下までスクロールできるか挑戦してるんだ。毎日が自分との戦いなんだよ。」などと答えるわけにはいかないので今までの非礼を上司に詫びて仕事を頂いた。

初めてのシステム提案資料の作成やヘルプ作業をこなしていたら、次月から新しいプロジェクトに参画することが今日決まった。

そのプロジェクトには新人の時から何年もお世話になっていた方がいる。まさかの恩師との再会であった。ここにきてこうなるとは。

今は半日で1日半の仕事を片付けてあとはのんびりする生活である。

それが恩師の前でそんなことをしてる余裕はない。期待に背く訳にはいかない。ヤバイ。頑張りたくなくても頑張ってしまう・・!

少しワクワクしている自分もいる。その人も楽しみにしてくれているかもしれない。

プロジェクト的にも活躍しやすいだろうなーとは思う。

何にせよ、次コケたらもう最後である。部門に居場所がなくなるし、もう再起は不能だろう。

そんな仕事の近況です。

Google Adsense(レクタングル大)×2




Google Adsense(レクタングル大)×2




シェアする

フォローする

Google Adsense(レクタングル大)×2