コンピュータ

NURO光を導入したら快適&料金も下がって嬉しい

およそ2年ほど前に光回線を解約してWiMAXを契約してからずっと使ってきました。

光回線からWiMAXにして月額料金が安くなったのは良いのですが、いかんせん速度が出ないし安定しない。

電波状況によっては動画を観ながら同時にネットサーフィンで動画が止まることもあります。

WiMAXを導入してから知ったのですが、電波は下に向かっていくので高い場所は電波が届きにくいそうですね。

モバイルルーターを外で持ち歩いているときは調子が良かったのですが、家がマンションの7階のためなのか場所が悪いだけなのか、ホームルータータイプを使用しても通信速度が期待していたほど出ませんでした。

そんな生活ともようやくおさらば!

 

NURO光は高速&激安

WiMAXのときはPCで10Mbpsだった通信速度が、NURO光でゲーム機PS4につないだら200Mbpsで20倍に!

それでいて料金もWiMAXよりも安く、月額2500円になりました。
※マンションプランです。戸建てや7階建てまでのマンションだともっと高くなります。

NTT系の光回線でも最初の契約期間は安かったりキャッシュバックがたくさんもらえたりで変わらないくらいになるか、むしろもっと安い場合もあるのですが、NURO光の場合はキャンペーンによる割引などで安いわけではなく、ずっと2500円なので、5年など長く続けることを考えるとダントツに一番安いです。



ただし、問題点やリスクもあります。

NURO光のデメリット

地域やマンションがNURO光に対応していない場合がある

まず地域やマンションがNURO光に対応しているかということ。

私のようにマンションに住んでいる場合はそのマンションが対応していなければ契約できません。

同一マンション内での最低契約人数があって、4人以上にならないと利用できないのです。

もし対応していない場合は人を集める必要があります。人集めについてはは会社がサポートしてくれるようですが、そこからとなると面倒そうです。

 

マンションプランの場合に同一マンション内で契約人数が3人以下になると強制解約

マンションプランの場合にとても大きなリスクがあります。

最低契約人数4人をそのマンションで下回ってしまうと、一定期間経過後に強制的に解約扱いとなって工事費の残額分を払わされてしまうということ。

これだけ聞くとかなりヤバイですね。私はコレを知って絶対止めといた方が良いと当初はNURO光を選択肢から外していました。

回線をどこにするか検討している中で冷静に考えたときに、強制解約のリスクはあるもののそこまで可能性が高いものではないし、月額料金も安くなるので工事費を払っても元が取れる場合があると判断してNURO光を選びました。

 

月額料金の安さを考えると1年半も使えばNTT系の光回線で契約をしたときと比べてそう大差なくなり、2年以降はむしろ安くなる計算に。

そしてネット回線は一度契約したらよほどのことがない限りはそうそう変えるものではありません。

解約には解約金としてたんまりとお金も取られますし、新しい回線の申込みや工事の手続きなど色々と面倒です。

 

そうすると契約者の人数が減る要因としては引っ越しする場合がほとんどではないか、私の住むマンションは分譲なので人の入れ替わりも少ないため契約者が減る可能性もかなり低いのではないかと考えました。

もちろん可能性はあるのですが、1年以上使えればまあなんとか許容範囲のコストです。

最低でも1年は持つのではないか、そして2年以上契約を続けられれば他の回線よりもずっと安くてお得になる。そういう判断でNURO光にしました。

 

申込みから工事完了までの流れもスムーズで、無線機能もついていてルーターの購入の必要がなくラクチンでした。

マンションプランの場合は回線をマンション内で共有するため通信速度が遅くなる場合もあるようですが、通信速度も安定していて安いので今のところは大満足です。

NURO光はマンション内での契約者数が多くなると月額料金が安くなるメリット(最安月額1900円)もあるので、よほど遅くならない限りは構わないと思っています。

月額料金がこれだけ安いうえにキャッシュバックキャンペーンもやっていたので、今の契約の解約金が気になるかたはキャンペーンもチェックしてみると良いと思います。

ソニーネットワークコミュニケーションズ(So-net)が提供する超高速のブロードバンド回線【NURO光】



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。