ノート・手帳

4歳の娘と手帳活動1ヶ月後|継続は強い!

以前に記事に書いた4歳の娘と始めた手帳活動。

関連記事

 

習慣にしたい行動を決めて、一日の終わりに親子でひとつずつチェック。守れていたらシールをあげるというルールで取り組んでいます。

最初の数日間は頑張っていましたが、1週間位すると飽きがでてきたのか、あまりシールが貼れない日が続いてきました。

そこで、少しずつルールを変えながら取り組んできた結果、1ヶ月以上経った今でも手帳活動は毎日続いています。

シール欲しさに日々がんばっているのと、寝る前になると娘の方から「手帳やろう!」と積極的です。

そして良い行動が習慣化されてきていて素晴らしいのです。

子どもとの手帳ルールは取り組みながら少しずつ修正

子どもと手帳活動

子どもの様子を見ながら手帳のルールは修正していきました。

主に修正したのはコチラの2点です。

  • 習慣にしたい行動を細分化
  • 特別がんばったときのためのごぼうびシールをつくった

習慣にしたい行動を細分化

『トイレ以外のやるべきことをできたら赤シール』とだいぶざっくりとまとめていたのですが、明らかに守れないものが出てきたので、個別に切り出しました。

たまたまお風呂で鼻に水が入ってしまって怖くなったようで、頭と顔を洗うことを異様に嫌がりお風呂に行くこと自体を拒否することも多くなりました。

そこで、『お風呂で顔と体と頭を自分で洗えたら緑シール』として赤シールから切り出しました。

 

また、もともと苦手だったのですが、布団に入ってから寝付きが悪くて喋り始めたり動き出したりしてしまうことがたびたびありました。

こちらも『布団に入ったら目をつむり口を閉じたら白シール』として切り出しました。

子どもに眠りなさいと言っても難しいので、具体的に子どもが取れる行動をルールにしたのがポイントです。

 

こうして切り出したことでやるべきことを意識できたためか、お風呂は少しずつチャレンジするようになって、今では毎日シールを貼れるような状態になりました。

自分で洗うようになっただけでなく、洗い方もサポートがほとんどいらないくらいに上達していて喜ばしい限りです。

眠りについても、完璧とは行かないまでも8割くらいの確率でダメだったのが、今では3~4割と大きく改善されました。

できないことは一気にやろうとせず、具体的な行動に細分化してステップアップさせていくのが子ども相手には特に有効な感じですね。

こうした教え方は石田淳さんの本に書いてあります。

子どもに限らず、部下や後輩の育成に悩む人におすすめです。

特別がんばったときのためのごぼうびシールをつくった

子どもと手帳活動

子どもと事前にルールを決めた色つきの丸いシールだけでなく、特別頑張ったときだけにあげる☆シールを導入しました。

決めたルールを全般的に守れたときや、プラスアルファでお手伝いを自発的にするなど頑張ったときには☆シールをあげるようにしました。

これがなかなか効果的で、「今日は星狙ってるんだ」と毎日頑張っています。

 

子供との手帳活動1ヶ月経った結果

子どもと手帳活動

自分のことを自分でやってくれるようになった

手帳活動が定着したとともに、行動が改善されてやるべきことをきちんとやるようになりました。

以前は気分次第でできないときが多くて悩まされていたのですが、今では食事やお風呂、ハミガキや寝ることなどやるべきことをしっかりやってくれていて親として助かっています。

結果的に遊べる時間も増えているので子どもにとってもプラスになっているはず!

自発的にお手伝いをしてくれる

下の子が泣き出しても親がすぐ駆けつけられないときに、話しかけてあやしてくれていたり、洗濯物を畳んでくれるなどお手伝いもしてくれることがかなり増えてきました。

もともと手伝いをやろうとしてくれる子ではあったのですが、最近ではさらに積極的です。

我が家は共働きで目が行き届かないこともあると思うので、こういう助け合う心は大事にしたいですね。

怒って大声で叫ぶようなことが減って家庭内が明るくなった

新年度から保育園が変わったことによる環境の変化の影響も大きかったと思うのですが、怒りっぽくなってすぐに大声で叫んでしまっていました。

そのあともいじけてしばらく動かないままのことも・・・

そんなときは親もイライラしてしまって雰囲気が悪くなるようなこともたびたびあったのですが、最近ではほとんどなく家庭内が明るい状態を保てています。

 

もちろん子どもなので常に冷静とはいかないですが、そうしたときも立ち直りが早く、いつまでもいじけていないで「ごめんね」と仲直りしてくれたり気持ちの切り替えができています。

子供の様子もムリしている感じではなくて、明るく楽しくやれていてとても良い状態です。

 




子どもと手帳のまとめ

子どもと手帳のまとめ

妻とも手帳活動の話をしましたが、本当に大きく変わりました。家庭が明るいのはとても嬉しいことです。

以前は家に帰ると食事をダラダラ食べていて怒られて空気が悪いようなことも多かったのですが、今ではそんなこともなく明るく出迎えてくれます。

 

とりあえずデメリットが見当たらないので、もし子どもの行動に悩まされていたらぜひやってみてください!

手帳もシールも100円ショップで手に入るので数百円しかかかりません。

良いことばかりだったので上の子は成長に合わせてルールを変えながらこれからも続けていきますし、下の子もできるような歳になったらやらせてみようと思います。

関連記事
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。