【完全版】これから万年筆を買いたい人のためのまとめ

シェアする

万年筆

万年筆を使うメリット・デメリット

万年筆

万年筆を使うことにはボールペンなどの一般的な筆記具と比べてメリット・デメリットがあります

悪いイメージ

  • 値段が高い
  • 書きづらい
  • 手入れが面倒

こんなイメージが有る人も多いかと思いますが、価格帯は幅広くて200円くらいで買える安価な万年筆もあります


書きづらいと感じることがあるとしたら、万年筆特有の持ち方があるから

ペン先の向きと持つ角度が正しくないとうまくインクが出なくて書きづらいことがあります

しかし、慣れれば大したことありませんし、ボールペンに近い角度で書ける万年筆を使うことで解消することも出来ます


手入れについても日々使うってことを守ればほとんど手入れらしいことは必要ありません


それよりもコレだけたくさんのメリットがあり、万年筆を使い始めればきっとその魅力に取り憑かれると思います

メリット

  • 書き味が滑らか
  • 疲れにくい
  • 字が上手く見える
  • 使えば使うほどに自分好みの書き味に育っていく
  • 高級感があってオシャレ
  • 好きなインクを使える
  • ランニングコストが安い

やっぱり万年筆特有の滑らかな書き味や文字の濃淡や字幅の変化で書いてて楽しいってところが私はとくに好きですね!

しかも使っているうちにどんどん書きやすく育っていくって最高だ

詳しくはコチラにまとめています!


万年筆のペン先の種類について

万年筆

万年筆は大きくわけて金製(通称:金ペン)とステンレス製(通称:鉄ペン)の2種類があります

本来、万年筆は筆圧を必要としない筆記具ですが、ボールペンはある程度の筆圧が必要なので初めて使う人には慣れないかもしれません

初めは筆圧に強めの人でも使いやすく、安価な鉄ペンの方がオススメです


ペン先の種類については代表的なものとしてはこんなところです

  • EF:極細
  • F:細字
  • M:中字
  • B:太字

ハマると結局全部集めたくなるので、最初は細字(F)で良いかと思います。理由は普段使っているボールペンに近い太さであることが多いため違和感がなく使いやすいからです。

ただし、万年筆特有の濃淡を味わいたい場合は太めの方がオススメです

詳しくはコチラにまとめています


初めての方にオススメの万年筆

cocoon

万年筆の選び方

万年筆は商品によって全くの別モノです

万年筆の選び方として代表的なものは以下の3つ

  • 万年筆のペン先の種類(字幅)で選ぶ
  • 万年筆のペン先の素材で選ぶ
  • 万年筆のブランドで選ぶ

選び方については簡単にまとめたので良かったら参考にしてください

関連記事

初心者にオススメの万年筆ブランド

とにかくパイロットがオススメ

品質が良くてハズレが少ないから初めてでも万年筆の良さを感じてもらえるはず!

初心者じゃなくてもオススメですけどね

つまりはパイロット最高ってことです

万年筆初心者にパイロットの万年筆がオススメな理由

初めての方にオススメな万年筆

万年筆を使ってみたい!って思った人にオススメの万年筆を紹介しています

鉄ペン

初心者の方は、万年筆を買ってもうまく使えるだろうか?という不安があると思います

そんな初心者の方にオススメな万年筆は鉄ペンと呼ばれる安価な万年筆です


パイロットのコクーンは定価でも3000円と比較的手頃なのと、ボールペンから持ち替えても割と近い感覚で使えるので違和感が少なくて使いやすいです

それに万年筆としても優秀で書き味の良さは十分に味わうことができます

初めての方にオススメの万年筆についてはコチラに詳しく書いています

関連記事


金ペン

せっかく万年筆を買うなら、万年筆特有の書き味をより楽しめるものを使いたいという方には金ペンがオススメです

パイロットのカスタム742のペン先『ウェーバリー』は誰にでも使いやすく、それでいて書き味の滑らかさが素晴らしく、字幅も中細字で使いやすくオススメです

初めての方にオススメの金ペンについてはコチラにまとめています

関連記事



私が好きな万年筆ランキング

私が今まで実際に使ってきた万年筆を好き順にランキング形式で紹介したものはコチラにあります

万年筆20本使ってみて良かったものをランキング化してみた(2017.9.11更新)

滑らかな万年筆から面白い万年筆まで紹介しています


万年筆を安く買う裏ワザ!

万年筆

欲しい万年筆はたくさんありますが、やっぱりお金的に厳しいので中古万年筆を活用することでお得に万年筆をゲットしています

購入経路は以下2つ

  • フリマアプリ
  • 中古店

特にキングダムノートというお店は検品されていて故障などの心配はないですし、返品・交換制度や補償制度も整っているので安心です

中古品という一度人の手に渡ったものに抵抗がない方ならかなりオススメです

キングダムノートの公式サイトはコチラ↓


中古万年筆の買い方についてまとめた記事はコチラ

万年筆のインクについて

万年筆インク

万年筆のインクの種類

万年筆のインクは大きく分けてこの2種類です

  1. 染料インク
  2. 顔料インク

染料インクは長期保存には向きませんが、ペンのつまりなどトラブルが起こりにくくて扱いやすいので、初心者の方には染料インクがおすすめです

顔料インクはその逆の特徴で耐光性・耐水性に優れて長期保存に向いていますが、染料インクと比べてつまりなどのトラブルが起きやすいです

字がにじみにくく裏抜けしにくいという良い点もあるので、万年筆に慣れたら顔料インクも良いかもしれません

万年筆のインクの種類について詳しくはコチラ


おすすめの万年筆のボトルインク

オススメのボトルインクはパイロットの色彩雫(いろしずく)です

24色展開とバリエーション豊かなインクは色合いがよく、ボトルがオシャレで一番人気のボトルインクです

染料インクなので初心者の方にも扱いやすいです


関連記事


万年筆のインク吸入方式

万年筆のインクの吸入方式は主にこの3種類です。

  1. コンバーター式
  2. カートリッジ式
  3. 本体吸入式

コンバーターは着脱可能なインクの吸入器です。インク瓶のインクを使いたいならコンバーターが手軽でオススメ。コスパ重視の方にも良いです

カートリッジ式はボールペンの替芯のように手軽に取り替えるだけでインクが使えるのでお手軽です

本体吸入式はインク吸入機構が万年筆の本体についています

名前のまんまですね

万年筆のインク吸入方法についての詳細はコチラ


万年筆のインクの保管方法

万年筆のインクはちゃんと正しい方法で保管しないとカビが生えます

私は瓶のインクが一本カビでダメにしちゃいました…

基本は買ったときの箱に入れて冷暗所保管です

詳細はコチラ↓

【万年筆】インクの保管方法は大事【カビ生えるよ】


万年筆のコンバーターについて

万年筆コンバーター

コンバーターはインク瓶からインクを吸入するのに使ってそのままインクのタンクになるっていう好きなインクを使いたいときに必要なアイテム!

コンバーターの使い方や疑問についてはコチラにまとめています


万年筆で使える紙(ノート・手帳など)

万年筆

万年筆で使っても裏抜けしない紙を紹介します。まだ書けてないので、今後更新します

ただ、無印良品の「裏うつりしにくい」シリーズのノートはお値段がお手頃で、ギリギリ万年筆でも使える品質で重宝しています

たまーに裏抜けしてしまいますが、お値段を考えるとかなり優秀です


万年筆のお手入れについて

万年筆はお手入れが必要です

これがあるから万年筆ってなんかめんどくさいんじゃないの? って思われがちですが、使い方さえわかっていればお手入れはほとんど必要ありません!

詳細はコチラ↓

万年筆は手入れなんていらない!?手入れまとめ


万年筆のトラブル

万年筆

書けない/インクの出が悪い

万年筆が書けないっ! 書きづらいっ! ってときは主にこんな原因!

  1. インクの問題(インクづまりなど)
  2. 持ち方の問題
  3. ペン先の問題(故障)

恐らくほとんどの場合がインクのトラブルです。私も一番多いのがコレです

使わずに放置していてインクづまりってことはよくあります。その場合は洗浄してください

このほか対処法など詳しくはコチラ↓にまとめています

万年筆の書けない!インクが出ない!トラブル対処まとめ


万年筆の疑問

万年筆

万年筆を飛行機に持ち込んでも大丈夫?

飛行機に乗る機会があって、万年筆を持っていったらインク漏れとか大丈夫?と思ったので試してみました

結果は問題なし!

ただし、インクの量や万年筆にもよるかもしれないので注意してください

詳細はコチラ

万年筆のボトルインクって残り少なくなるとインクを吸入できないんだけど?

ボトルインクの吸入って少なくなると難しいですよね

無理してやろうとするとペン先傷めそうだし

そんなときに使えるアイテムをみつけました

コンバーターでの吸入も楽になるので、コンバーター使うの苦手なんだよね… って方にもオススメです

コチラで紹介しています


まとめ

万年筆

万年筆サイコー!!

ボールペンと同じくらい(1000円以下)で買えるものもあるので、気になったら一回使ってみてください!!

Google Adsense(レクタングル大)×2




Google Adsense(レクタングル大)×2




シェアする

フォローする

Google Adsense(レクタングル大)×2