万年筆使い方

【完全版】これから万年筆を買いたい人のためのまとめ

万年筆

目次

万年筆を使うメリット・デメリット

万年筆

万年筆の悪いイメージ

万年筆を今まで使ったことがないと、こんなイメージをもつ人も多いかと思います。

悪いイメージ
  • 値段が高い
  • 書きづらい
  • 手入れが面倒

万年筆は何となく値段が高いというイメージ。それは正しいですが間違いでもあります。

何万、何十万、ときには何百万もする高級な万年筆もありますが、値段はピンきりで数百円で買える安価な万年筆もたくさんあります

あわせて読みたい
初めての1本にオススメの万年筆
初めての1本にオススメの万年筆<鉄ペン編>今回はデビューにオススメの万年筆をご紹介! 万年筆を使ったことがない人にとって、「万年筆って実際使いこなせるのかな・・?」って不安...

 

書きづらいと感じることがあるとしたら、万年筆特有の持ち方があるから。

ペン先の向きと持つ角度が正しくないと、うまくインクが出なくて書きづらいことがあります。

慣れれば大したことはありませんし、ボールペンに近い角度で書ける万年筆を使うことで解消することも出来ます。

あわせて読みたい
万年筆の持ち方
コツをつかめば万年筆が楽しくなる!持ち方のポイント5つ万年筆には持ち方にちょっとしたコツがあります。 簡単なコツさえおさえれば快適で楽しい万年筆ライフが送れます。 もしかしたらは...

 

手入れについても、日々万年筆を使うってことを守ればほとんど手入れらしいことは必要ありません

関連記事

 

万年筆のメリット

万年筆にはコレだけたくさんのメリットがあり、万年筆を使い始めればきっとその魅力に取り憑かれると思います。

万年筆のメリット
  • 書き味が滑らか
  • 力がいらないので疲れにくい
  • 字に味が出て上手く見える
  • 使えば使うほどに自分好みの書き味に育っていく
  • 高級感があってオシャレ
  • 好きなインクを使える
  • ランニングコストが安い

やっぱり万年筆特有の滑らかな書き味や文字の濃淡や字幅の変化で書いてて楽しいってところが私はとくに好きですね!

しかも使っているうちにどんどん書きやすく育っていくって最高だ。

万年筆のメリットやデメリットについて詳しくはコチラにまとめているので、もし気になったら読んでみてください。

関連記事

 

万年筆の使いみち

万年筆

万年筆は基本的にかくものならなんでも使えます。

しかし万年筆には興味があるけど、普段ほとんど手書きで書かないからためらっている方もきっとたくさんいらっしゃるかと思います。

そんな人のために万年筆の使いみちを書き出してみたので参考にしてみてください。

日常で万年筆を使う

たとえば日常で万年筆を使うような機会をあげるとこんなときがあります。

  • 仕事で使う
  • 勉強で使う
  • 思考のアウトプット
  • 日記をつける
  • 手紙・年賀状・メッセージカードをかく

趣味で万年筆を使う

それ以外に趣味的に万年筆を使うような機会をあげるとこんなものがあります。

  • 字の練習(ペン習字)
  • 手書きツイート
  • 好きな詩・言葉をかく
  • 絵を描く

万年筆にハマると自然とどんどん使いたくなるのであまり使いみちには困りません。

万年筆の使いみちについては詳しくはコチラの記事に書いていますので、良かったらどうぞ!

関連記事

 




万年筆の構造について

万年筆の構造

万年筆の構造

万年筆の構造を知ると万年筆選びがより楽しくなります。

大きく分けるとこんなパーツに分かれます。

万年筆の構成
  • ペン先
  • キャップ

それぞれのパーツについて詳しくはコチラの記事に書いていますので、もし気になったら読んでみてください。

あわせて読みたい
万年筆の構造
万年筆のきほん!構造を知ると万年筆選びが楽しくなる普段何気なく使っている万年筆でも、構造を知ることで万年筆の奥深さに触れ、万年筆選びがより楽しくなります。 今回はそんな万年筆の構造...

万年筆のペン先の材質

万年筆のペン先は大きくわけて、金が使われている通称『金ペン』と金が使われていない通称『鉄ペン』の2種類があります。

本来、万年筆は筆圧を必要としない筆記具ですが、ボールペンで書くにはある程度の筆圧が必要なので、万年筆を初めて使う人にはそのギャップに扱いづらく感じることもあるかもしれません。

そんな方には初めは筆圧が強めの人でも使いやすく安価な鉄ペンの方がオススメです。

最初は買いやすい鉄ペンで万年筆を使ってみて、その良さがわかったら金ペンを使ってみるのが良いと思います。

関連記事

万年筆のペン先の種類

ペン先の種類については代表的なものとしてはこんなところです。

  • EF:極細
  • F:細字
  • M:中字
  • B:太字

ハマると結局全部集めたくなりますが、最初は細字(F)か中字(M)が良いかと思います。

万年筆特有の濃淡を味わいたい場合は太めの方がおすすめです。

万年筆のペン先について詳しくはコチラにまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

あわせて読みたい
万年筆のペン先の種類について
万年筆のペン先(ニブ)の種類についてニブとも呼ばれるペン先には沢山の種類があります。 同じ万年筆でもペン先が違うと字幅、硬さ、ハライやハネの表現のしやすさなど全くの別...

初めての方にオススメの万年筆

cocoon

万年筆の選び方

万年筆は商品によって全くの別モノです。

万年筆の選び方として代表的なものは以下の3つ

  • 万年筆のペン先の種類(字幅)で選ぶ
  • 万年筆のペン先の素材で選ぶ
  • 万年筆のブランドで選ぶ

万年筆の選び方については簡単にまとめていますので、選び方に迷うかたは読んでみてください。

あわせて読みたい
【万年筆初心者向け】万年筆の選び方のまとめ「万年筆を使ってみたいけど、どうやって選べば良いの?」 「万年筆はやっぱり高いものじゃないとダメなの?」 と万年筆に興味はあ...

万年筆の初心者にオススメのブランド

万年筆初心者の方にはとにかくパイロットがオススメ

品質が良くてハズレが少ないから初めてでも万年筆の良さを感じてもらえるはず!

初心者じゃなくてもオススメですけどね。

つまりはパイロット最高ってことです。

関連記事

 

初めての方にオススメの万年筆

万年筆を使ってみたい!って思った人にオススメの万年筆を紹介しています。

鉄ペン

初心者の方は、万年筆を買ってもうまく使いこなせるだろうか?という不安があると思います。

そんな初心者の方にオススメな万年筆は鉄ペンと呼ばれる安価な万年筆です。

 

パイロットのコクーンは定価でも3000円と比較的手頃なのと、ボールペンから持ち替えても割と近い感覚で使えるので違和感が少なくて使いやすいです。

コクーンは書き味が良くコスパがとても良く、初めての1本にもおすすめの万年筆です。

初めての方にオススメの万年筆についてはコチラに詳しく書いています。

関連記事

 

金ペン

せっかく万年筆を買うなら、万年筆特有の書き味をより楽しめるものを使いたいという方には金ペンがオススメです。

パイロットのペン先『ウェーバリー』は誰にでも使いやすく、それでいて書き味の滑らかさが素晴らしく、字幅も中細字で使いやすくオススメです。

初めての方にオススメの金ペンについてはコチラにまとめています。

関連記事

 

私が好きな万年筆ランキング

私が今まで実際に使ってきた万年筆を好きな順にランキング形式で紹介したものはコチラにあります。

滑らかな万年筆から書き方によって字幅が変わる楽しい万年筆までいろいろ紹介しています。

あわせて読みたい
万年筆
おすすめの万年筆ランキング!30本使ってきて良かった万年筆(2018.5.4更新)万年筆を今まで30本以上使ってきました。 そんな実際に使ってきた万年筆たちを好きな順に並べてみました。 コスパとか気にせず、...

書き味で選んだおすすめの万年筆

書き味の良さで選んだおすすめの万年筆についてはコチラの記事でまとめていますので、書き心地が良い万年筆を探している方は良かったら参考にしてみてください。

関連記事

 




万年筆を安く買う裏ワザ!

万年筆

欲しい万年筆はたくさんありますが、お金的にはホイホイ買えるものではないので中古万年筆を活用することでお得に万年筆をゲットしています。

私が中古万年筆を購入するときは大きく分けて以下2つの方法です。

  • フリマアプリ
  • 中古店

特にキングダムノートという中古万年筆を扱うお店は検品されていて故障などの心配はないですし、返品・交換制度や補償制度も整っているので安心です

中古品という一度人の手に渡ったものに抵抗がない方ならかなりおすすめです。

特にペリカンやモンブランなど海外ブランドの万年筆をお買い得に手に入れたい人には良い選択肢だと思います。

キングダムノート公式サイトへ

中古万年筆の買い方についてはコチラの記事にまとめています。

関連記事

 

万年筆のインクについて

万年筆インク

万年筆のインクの種類

万年筆のインクは大きく分けてこの2種類です。

  1. 染料インク
  2. 顔料インク

染料インクは長期保存には向きませんが、ペンのつまりなどトラブルが起こりにくくて扱いやすいので、初心者の方には染料インクがおすすめです。

顔料インクはその逆の特徴で染料インクと比べてつまりなどのトラブルが起きやすいですが、耐光性・耐水性に優れて長期保存に向いています。

字がにじみにくく裏抜けしにくいというメリットもあるので、万年筆にハマってたくさん使うようなら顔料インクも良いと思います。

万年筆のインクの種類について詳しくはコチラにまとめています。

関連記事

 

万年筆のインク吸入方式

万年筆のインクの吸入方式は主にこの3種類です。

  1. コンバーター式
  2. カートリッジ式
  3. 本体吸入式

コンバーターは着脱可能なインクの吸入器です。インク瓶のインクを使いたいならコンバーターが手軽でオススメ。コスパ重視の方にも良いです。

カートリッジ式はボールペンの替芯のように手軽に取り替えるだけでインクが使えるのでお手軽です。

本体吸入式はインク吸入機構が万年筆の本体についています。名前のまんまですね。

関連記事

 

万年筆のインクの保管方法

万年筆のインクはちゃんと正しい方法で保管しないとカビが生えます。

私は瓶のインクが一本カビでダメにしちゃいました…

基本は買ったときの箱に入れて冷暗所保管です。

詳細はコチラ↓

あわせて読みたい
インクの保管方法は大事
【万年筆】インクの保管方法は大事【カビ生えるよ】万年筆のインクビンの底に何かたまってるな~と思い、瓶を揺らすと何かがふわふわとインクの中を舞いました。 まさかカビ!?と思い、ネッ...

 

オススメの万年筆のボトルインク

万年筆のボトルインクは数え切れないくらいあります。その中からオススメのものを集めてみました。

初心者にオススメなのが扱いやすい染料インク

オススメのボトルインクはパイロットの色彩雫(いろしずく)です。

24色展開とバリエーション豊かなインクは色合いがよく、ボトルがオシャレで一番人気のボトルインクです。

染料インクなので初心者の方にも扱いやすいです。

そのほか初心者にオススメのボトルインクについてはコチラにまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

関連記事

 

オススメの万年筆のボトルインク<顔料インクと古典インク>

顔料インクと古典インクのオススメについてはコチラにまとめています。

関連記事

 

顔料インクと古典インクって何?って思ったらコチラを参考にしてみてください。

関連記事

 

その他オススメのボトルインク

それ以外の万年筆のボトルインクについての記事はこんなものも書いています。

関連記事

 

万年筆のコンバーターについて

万年筆コンバーター

コンバーターはインク瓶からインクを吸入するのに使うもので、そのままインクのタンクになるという好きなインクを使いたいときに必要なアイテムです。

コンバーターは万年筆によって対応しているものと対応してないものがあるので注意が必要です。

関連記事

 

万年筆で使える紙(ノート・手帳など)

万年筆

万年筆で使っても裏抜けしない紙を紹介します。まだ書けてないので、今後更新します。

無印良品の『裏うつりしにくい』シリーズのノートはお値段がお手頃で、万年筆でも使える品質なので重宝しています。

たまーに裏抜けしてしまいますが、お値段を考えるとかなり優秀です。

 

万年筆の入れ物について

パイロット ペンサンブル ロールファスナーペンケース

万年筆用のペンケース

万年筆を持ち歩く場合につかうペンケース選びは重要です。大事な万年筆を傷つけず安心して持ち運べるペンケースを選ぶ必要があります。

私が今まで使ってきた万年筆用のペンケースの中でのオススメはペンサンブルです。

 

ペンケース選びについてはコチラにまとめていますので、よかったら参考にしてください。

関連記事

 

万年筆の使い方・お手入れについて

万年筆の持ち方のポイント

万年筆には持ち方にちょっとしたコツがあります。

簡単にまとめるとこんなところです。

万年筆の持ち方のポイント
  • 筆圧をかけない
  • 寝かせ気味でもつ
  • ペン先の左右に均等に力をかける

持ち方のポイントがおさえられるようになると万年筆をより楽しめるようになります。

使える万年筆も増えますし、書き心地も良くなります。

詳しくはコチラの記事にまとめていますので、気になった方は読んでみてください。

あわせて読みたい
万年筆の持ち方
コツをつかめば万年筆が楽しくなる!持ち方のポイント5つ万年筆には持ち方にちょっとしたコツがあります。 簡単なコツさえおさえれば快適で楽しい万年筆ライフが送れます。 もしかしたらは...

万年筆のお手入れ

万年筆はお手入れが必要です。

これがあるから「万年筆ってなんかめんどくさいんじゃないの?」と思われがちですが、使い方さえわかっていればお手入れはほとんど必要ありません

そのお手入れについてはコチラにまとめていますので、よかったら参考にしてみてください。

関連記事

 

万年筆のトラブル

万年筆

書けない・インクの出が悪い

万年筆が書けないっ! 書きづらいっ! ってときは主にこんな原因!

  1. インクの問題(インクづまりなど)
  2. 持ち方の問題
  3. ペン先の問題(故障)

恐らくほとんどの場合がインクのトラブルです。私も経験上一番多いのがこのインクのトラブルです。

使わずに放置していてインクづまりってことはよくあります。その場合は洗浄してください。

このほか対処法など詳しくはコチラ↓にまとめています。

関連記事

万年筆で書くと、にじむ・裏抜けする

万年筆で書くと線がにじんだり裏抜けしたりすることがよくあります。
※裏抜け・・・紙の裏側までインクがにじんでしまうこと

ノートのように両面使うようなものでにじみ具合がひどいとまともに使えないので、せっかくの楽しい万年筆のはずがストレスが溜まってしまいます。

万年筆本体やインク、紙の相性によるもので、質の良い紙を使うか、顔料インクを使うことで大抵の場合は解消します

どうしても使いたいノート・紙がある場合は顔料インクを使ってみる、こだわりがない場合はちょっと良いノートを買ってみるのがオススメです。

オススメのノートと顔料インクです。

 

そのほか対処法についてはコチラの記事でまとめています。

関連記事

 

万年筆にまつわる疑問

万年筆

万年筆を飛行機に持ち込んでも大丈夫?

飛行機に乗る機会があって、万年筆を持っていったらインク漏れとか大丈夫?と思ったので試してみました。

結果は問題なし!

ただし、インクの量や万年筆にもよるので注意してください。

あわせて読みたい
飛行機に万年筆
万年筆って飛行機でインク漏れするの?試してみた 旅行で飛行機に乗ることになりました。 やっぱり旅行にもお気に入りの万年筆は持っていきたい。ですよね? ふと心配になっ...

万年筆のボトルインクって残り少なくなるとインクを吸入できないんだけど?

ボトルインクの吸入って少なくなると難しいですよね。

無理してやろうとするとペン先傷めそうだし…

そんなときに使えるアイテムをみつけました。

コンバーターでの吸入も楽になるので、コンバーター使うの苦手なんだよね… って方にもオススメです。

関連記事

 

それ以外には万年筆ではありませんが、ガラスペンで使うという手もあります。

ガラスペンはつけペンのようにペン先をボトルインクに直接つけてかきます

ガラスペンはサッと洗い流して気軽に色々なインクを試せるので、インク見本を作るのにもおすすめです。

1本持っておくと便利で万年筆とはまた筆記感が違って楽しいです。



 

万年筆で遊ぶ

万年筆

万年筆をただ筆記具として愉しむだけでなく色々と加工して愉しんでいる人も多いです。

ペン先を自分で調整したり、カクノをデコったり。

私は最近カクノやプレピーをアイドロッパー化して遊んでいます。

 

アイドロッパー化

アイドロッパー化すると万年筆の軸いっぱいにインクが入るので、コンバーターやカートリッジインクではありえないような大量のインクを入れられます。

アイドロッパー式とは万年筆の本体に直接インクを貯めておくタイプのことです。
昔はアイドロッパー式の万年筆が主流だったそうですが、今ではアイドロッパー式の万年筆はほとんど存在していません。

アイドロッパー化はやり方さえ分かればカンタンでほんの数分でできます。

万年筆に慣れてきたらこんな遊び方もまた楽しいと思います。

 

プレピーとカクノの2種類でやってみましたが、プレピーのほうが安くてカンタンでトラブルも少ないので圧倒的におすすめです。

プレピーならたくさん作ってもプラチナ独自のスリップシール機構のおかげでインクが乾きにくいというところもプレピーで遊ぶメリットです。

こんな記事も書いています

 

万年筆のまとめ

万年筆

万年筆は最高です!

ボールペンと同じくらい(1000円以下)で買えるものもあるので、気になったら一回使ってみてください!!

もしわからないことなどあればコメントいただくかツイッターでリプ・DMでもいただければ回答いたしますので、お気軽にご連絡ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。