【万年筆】インクの保管方法は大事【カビ生えるよ】

シェアする

万年筆のインクビンの底に何かたまってるな~と思い、瓶を揺らすと何かがふわふわとインクの中を舞った。

まさかカビ!?と思い、ネットで調べてみたら結構同じような人がいました。

インクはカビにとってはごちそうで、インクにカビが生えるっていうのは割とよくあることらしい。

ちなみにカビが生えたのはこのパイロットの30mlの赤インク。


気になってパイロットの他の色(ブルーブラック、ブルー、ブラック)のインクも確認してみましたが、他は何とも無く未だに現役で異状なし。

中の成分によってカビの生えやすさも変わってくるそうです。


このカビは万年筆にとっても良くないらしく、すぐに万年筆からインクを抜いて洗浄しました。

インクは廃棄です。あーもったいない。


インクを廃棄するときは、空の牛乳パックを用意してその中に布かティッシュなど、インクを染み込ませるものを入れてその中にインクを流し込み、燃えるゴミで処分しました。


ちなみにカビが生えたインクの置き場所はリビングの窓のそば。そばと言っても窓の真ん前ではなく、直射日光は当たらないようになっていましたが、昼間の日光とかで気温が上がったりしてたんでしょうね。

手元においておいたほうが便利なんですが、反省してリビングに置くのはやめました。


インクに何か浮いていたり、おかしな臭いがしているときは使わない方が良いです。

保管方法

万年筆の手入れ

インクの保管の基本は直射日光や蛍光灯が当たらない冷暗所にしまうことです。

買ったときのインクの箱の中に入れて、ふたのあるケースや扉がある棚などにしまうのがベストです。

ただし、冷蔵庫はNG

インクが乾燥してしまうので、蒸散したり、劣化してしまうなどインクに良くないのと、冷えることでインクフローなども変わるようです。

そして、長くても2~3年以内には使い切ってしまったほうが良いです。

まとめ

万年筆

インクは冷暗所に保管! これ大事!

お気に入りのインクにカビが生えたりしたら相当ショックですよ・・!

こんな記事も書いてます
Google Adsense(レクタングル大)×2




Google Adsense(レクタングル大)×2




シェアする

フォローする

Google Adsense(レクタングル大)×2