万年筆本体

【パイロットのウェーバリー】万年筆30本使ってきた中で最高の1本【超滑らか】

万年筆を使い始めてからまだ3年ですが、所有する万年筆はどんどん増えていって今では30本に。

初めて買ったのがパイロットのコクーンだったのをキッカケにパイロットにハマってしまい、半分以上がパイロットですが。

パイロットばんざい。

ちなみにペン先の調整はどれも一切していません。

所有している万年筆

万年筆

主に所有している万年筆は以下のとおり。

  • スーベレーンM800(B:太字)/ ペリカン
  • スーベレーンM600(M:中字)/ ペリカン
  • オプティマ(EF:極細)/ アウロラ
  • ドルチェビータ(F:細字)/ デルタ
  • キャップレス(EF:極細) / パイロット
  • カスタム742(WA:ウェーバリー)/ パイロット
  • カスタム742(FA:フォルカン)/ パイロット
  • カスタム742(SU:スタブ)/ パイロット
  • エラボー(SM:ソフト中字)/ パイロット
  • #3776センチュリー(F:細字) / プラチナ万年筆
  • カスタムヘリテイジ91(SF:ソフト細字) / パイロット

ちなみに最新の所有している主な万年筆たちはこちらで紹介しています。

関連記事

 

最高の1本はパイロットのウェーバリー

一番のお気に入りはパイロットのウェーバリー

ただし、ウェーバリーはニブ(ペン先)の種類の名前で、私が持っている万年筆本体の名前はカスタム742というシリーズです。

ウェーバリーを使い始めたら気に入りすぎて他の万年筆を使う機会がめっきり減ってしまった罪なやつ。

 

ガッツリ考えごとしたいときや書きものしたいってときに使うのは大体これ。

たまに気分を変えて他の万年筆を使ってみたり、フォルカンやスタブのように面白い万年筆も使いたくなるけど、結局ウェーバリーに帰ってきます。

無人島に一本だけ持っていけるなら絶対ウェーバリー。

とにかく滑らかな書き味

この字幅でここまで滑らかに書けるものはまだ他に味わったことがありません

引っかかりを全く感じない。

 

同じパイロットの特殊ペン先の中でも人気のフォルカンは確かに書いていて面白いです。

筆圧のコントロールで字幅が変化します。

ウェーバリーにはそういった面白さはありません。

ミュージックやスタブのように縦横で太さが違うといったこともありません。

そうした変化球的な要素はなく、ただひたすらに滑らか一直線

字幅は中字くらい

字幅は中字くらいだそうです。

筆記角度を選ばないので誰にでも扱いやすい

万年筆はペンを持つ角度やひねりなどのクセなんかによって相性がありますが、これは公式サイトにも書いてあるとおり、どの角度でも書けます

つまり使う人を選ばず誰にでも使いこなせるってこと!

 

書き味が良いだけなら他にあっても、特定の角度で書きにくかったり、かすれてしまったりといった問題がよくあります。

ペリカンのスーベレーンM800の太字は書き味がとても良く、ぬらぬら気持ちよく書けますが、わずかなひねりで書けなかったりもするので持ち方に少し神経を使います。

ウェーバリーにはそんな気遣いはしたことがありません。

 

これはペン先が上を向いていることで実現してるそう。

前述の滑らかさと相まって、書いていてとにかくストレスフリーで心地良い

純粋に書くことの楽しさを教えてくれます。

考えつくままに書きなぐるってときに思考を止めないので持ってこい。試験とかにも良さそうですね。

大容量コンバーターCON-70に対応

ペン先のラインナップにウェーバリーがある万年筆は一般販売されているものだと以下3点だけ。

  • カスタム742
  • カスタム743
  • カスタム ヘリテイジ912

どれも大容量コンバーター(CON-70)が付属されているのでコンバーターを別で買う必要がないところも良いです。

 

万年筆を使う機会が増えてくると、インクの吸入頻度が少なくなる大容量コンバーターは便利です。

このコンバーターはプッシュ方式でインクの補充が簡単で使いやすいところが素晴らしい。

何回か後ろのボタンをプッシュするだけでOKで、回転式のようにうまく吸えなかったらまた元の位置に戻して一からやり直すみたいなことがいらないのでカンタンお手軽。

このコンバーターはマジで良いんですよ!!

万年筆本体と関係ないけど、このコンバーターはおすすめ!!

選べる軸の種類が少ない

選べる軸が少ないので万年筆選びで重要な要素だと思われる見た目や重さ、軸の太さなどの選択肢が少ない点は残念ですね。

また、上述の3点はどれも定価2~3万円で、実売価格もamazonで安いものでも14,000円くらいするので初心者にはちょいと敷居が高いかもしれません。

でもその欠点を上回るくらいの良さがウエーバリーにはある!!

インクが煮詰まりにくい

パイロットのネジ式キャップの万年筆は今のところ全部そうなのですが、長期間放置していてもインクが乾かずに書けます。

具体的に測ったわけではないですが、数ヶ月は余裕で持ってると思います。

本数が多くなってくると使い切れなくなってくるので長期間持ってくれるのはかなりありがたいです。




ウェーバリーのまとめ

万年筆

ウェーバリーは”書く”ということについてホント優秀な万年筆だと思います。

中字や滑らかな書き味を求める人にはぜひ一度試しみていただきたい1本です!!

ウェーバリーを手にしてから書くことが楽しくて楽しくて、無性に書いていたくなる気持ちにさせられました。

初心者の方にも扱いやすくて万年筆の書き味の良さをきっと味わってもらえるので、初めての金ペンにもオススメです。

良い点
  • とにかく滑らかな書き味
  • 筆記角度を選ばないので誰にでも扱いやすい
  • 大容量コンバーターCON-70に対応
  • インクが煮詰まりにくい
悪い点
  • 選べる軸の種類が少ない

 

そのほかおすすめの万年筆についてはコチラにも書いています。

こんな記事も書いています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。