万年筆本体

【フォルカン(FA)】筆圧で字幅が変わる!めちゃ楽しい万年筆【カスタム742】

今回ご紹介するパイロット社の万年筆カスタム742(FA:フォルカン)は、変わりもの。

筆圧のコントロールによって字幅が変わります

ハネやハライも表現しやすい。

これが楽しい。とにかく楽しい。めっちゃ楽しい!


ちょっと筆圧変えただけで、簡単に字幅が変わります。

ちなみに、フォルカンは万年筆の名前ではなく、ペン先の種類のことです。

でも特殊なペン先なので万年筆の本体名ではなく、ペン先で語ります。これは以前紹介したウェーバリーも同じですね。

公式サイトによると

超ソフト調毛筆の筆跡
SFよりもソフトタッチで毛筆の筆跡
字幅強弱が強調でき、筆圧の高い方には不向きである
持ち方:やや寝かせて持つ方

うーん、筆圧の高い方には不向きとなると万年筆に慣れてないと厳しいかもしれません。初めての1本には不向きかも。

ボールペンに慣れてると筆圧は高めだし、立てて書きがちなので。

ただ、寝かせるってことと筆圧を抜くってことを意識して使っていればきっとすぐに慣れるので3本目以降あたりでは、ぜひ検討候補に入れてほしいです。

 

鉄ペン→金ペン→フォルカン。こんな流れでどうでしょうか?

鉄ペンは一般的に安価なのと、硬めなのでボールペンに慣れた人でも使いやすく、初心者向き。

それである程度慣れてきたら金ペンと言われるペン先に金を使ったやわらかい万年筆に慣れる。

慣れてきて、なんか面白いのないかなーってなったら、さあフォルカン!こんな感じ。

 

パイロットで済ませるなら、コクーン→キャップレス→ウェーバリー→フォルカン。これが王道。

勝手に作ったけど、この流れで間違いない。しかも3本目と言っといて4本目になっちゃってるけど、気にしないでほしい。キャップレスは使い勝手抜群だし、ウェーバリーの極上の書き味は外せないんだ。

 
 

フォルカンは動画を見てほしくなってしまった人が何人もいるはず。まだ万年筆を使い始めたころはブログを読み漁り、動画を漁ってましたが、その中でもフォルカンの動画は目を引きました。

美しい・・。カッコイイ・・。

あれだけカッコよく書けたら楽しいだろうな~。ウラヤマシイ。

観たら欲しくなってしまうかもしれません。

でも、基本は筆圧をかけないようにすべきらしいです。

動画で使われているのは改造されてるそうで、普通のフォルカンを同じように使おうとすると壊れてしまうので、ほどほどに。

ニブ(ペン先)の形状が変わっていてサイドがえぐれたようになっています。この形状がその特徴を生んでいるのでしょう。

このニブの形も結構好き。
パイロット万年筆 カスタム742(FA:フォルカン)

購入動機

  • 筆圧コントロールで文字の変化を楽しめる
  • 動画への憧れ

フォルカンの特徴と感想

字幅の変化が楽しい、とにかく楽しい

ホント楽しい。

使ってみると人気の理由がわかります。

使ったことない人は一度店頭で試してみてください。なかなか味わえない感覚です。

 

近いものとして同じパイロット製の『エラボー』という万年筆があります。

エラボーも「字幅の強弱が表現できる」とされている万年筆ですが、エラボーよりもフォルカンの方がずっと変化させやすいです。

関連記事

 

なかなか滑らかな書き味

ウェーバリーほどではないけど滑らかです。

ただ少しカリカリとした感じがあって、たまに引っかかりを感じます。

 

大容量コンバーターCON-70に対応

ペン先のラインナップはおそらくウェーバリーと同じで以下3点だけです。

どの万年筆も大容量コンバーター(CON-70)に対応、かつ付属されているのでコンバーターを別で買う必要がないところが嬉しい。

  • カスタム742(定価2万円)
  • カスタム743(定価3万円)
  • カスタム ヘリテイジ912(定価2万円)

筆圧のコントロールが慣れるまで難しい

デメリットのようですが、あまりデメリットではありません。

フォルカンを手にする人はきっとこの筆圧コントロールによる字幅変化が楽しみで買うはずだし、楽しんで使っているうちにすぐ慣れます

ただ、他のペンと違って若干疲れやすく感じるので、一度にずーっと書き続けるようなメインの万年筆にはなりえない感じ。そこも慣れたら問題なくなるのかもしれませんが。

選べるペンの種類が少ない

ウェーバリーと同じく、選べる軸が少ない点は残念ですね。

もっと格好良い見た目のものがあれば更に良かった。

今後に期待!!

インクが煮詰まりにくい

パイロットのネジ式キャップの万年筆は今のところ全部そうなのですが、長期間放置していてもインクが乾かずに書けます。

具体的に測ったわけではないですが、数ヶ月は余裕で持ってると思います。

本数が多くなってくると使い切れなくなってくるので長期間持ってくれるのはかなりありがたいです。

フォルカンのまとめ

万年筆

フォルカンはサブとして持っておいて損がない1本です。

いや、ホントに好きならメインという人もいるかもしれませんが。

書いていると少し疲れやすいので、フォルカンばかり使うということはなく、息抜き的な感じで使ってます。

フォルカンの特徴まとめ

  • 字幅の変化が楽しい、とにかく楽しい
  • なかなか滑らかな書き味
  • 大容量コンバーターに対応
  • 筆圧コントロールが慣れるまで難しい
  • 選べるペンの種類が少ない
  • インクが煮詰まりにくい

 

このほかおすすめの万年筆について書いているので、良かったらコチラもどうぞ!

こんな記事も書いてます
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。