【キャップレス木軸(EF:極細)】ノックでいつでもサッと使えるパイロットの万年筆【レビュー】

シェアする

キャップレス

一番好きな万年筆のカスタム742(WA:ウェーバリー)は、一番好きではあるけど、一番使っているわけではありません。

仕事ではいつでも落ち着いてキャップを外して書けるというわけではないので、やはり手軽に使えるボールペンが良いとなってしまいます。

そんなときに使えるのが、パイロットのこのキャップレス。

先日の「マツコの知らない世界」で文具ソムリエールの菅 未里さんが紹介していた優れもの。


キャップレスは普段使い慣れているボールペンと同じようにノック式

カチッとやればすぐに書ける。そしてまたカチッとやればペン先は収納される。

初めて知ったときは衝撃を受けました。

たかぎし
万年筆でこんなことができるの・・・!?


ノック式の他に軸をくるくると回すとペン先が出てくる繰り出し式もあります。

ノック式の方がカラーや軸の種類が豊富ですが、カチカチとした音が嫌っていう人は繰り出し式のキャップレスを選ぶと良いかと思います。


パイロットの万年筆に惚れ込んだのはきっとこれがキッカケ。パイロットの技術力すごい!!

知り合いに万年筆に興味を持ってほしいってときは、インパクトがあるキャップレスを紹介してます。


ちなみに私が買ったのは木軸タイプ。

購入動機

  • 万年筆なのにノックで手軽に使える
  • 極細(EF)が使える

キャップレスの特徴と感想

キャップレス

ノックでいつでも使える

とにかく快適です。これのおかげでメモをサッと取りたいような仕事中でもガンガン万年筆を使えるようになりました。


小さなペン先だけど書き味も申し分なし

パイロット キャップレス 木軸

ペン先はかなり小さいですが、ちゃんと滑らかな書き味です。

通常、細いほど滑らかさを感じにくいと言われてますが極細でも書きやすいです。

使う機会が多いぶん馴染むのも早かったでしょうね。

いくら使い勝手が良くても書き味が悪ければ意味ないですが、これは優秀です。


大容量コンバーターCON-70に対応していない

大容量コンバーターに対応していないので、使う機会が多いとインクがすぐになくなるので注意が必要です。

いつでも使えるぶんインクの吸入頻度が高めです。


コンバーターだとインクの残量がわかりづらい

コンバーターだとインク部分がほとんどすっぽり隠れてしまうので、インクの残量がわかりづらいです。写真わかりづらいですが、右の方の銀と銀の間の黒っぽいところがインクの見えるところ。ここしか見えません。

それが嫌でカートリッジを使ってる人も多いようです。

私はコンバーターを使ってるので、いつインクがなくなっても大丈夫なように職場にも小さなインクボトルを置くようにしてます。


インクがやや煮詰まりやすい

密閉度が低いのか、カスタムシリーズなどネジ式のキャップの万年筆に比べると、ブルーブラックの変色(酸化)が早いです。

ただ、ガンガン使うようならインクが無くなるのも早いので気になるほどではないかと思います。


キャップレスはラインナップが豊富

値段も定価1万からなので、実売でいくと結構手頃で買えるものもありますし、軸の太さ、素材など選択肢がたくさんあります。

限定カラーもよく発売されます。


クリップがペン先側についている

クリップを使用したときにペン先が下を向かないように、ボールペンなどとは逆でペン先のほうにクリップが付いています。
※ペン先が下を向いてるとインク漏れしてしまう可能性があります

使うときはクリップの部分を持つとちょうど書けるようになっています。これが案外持ちやすくて、ペン先の裏表を気にせずともちょうど合うようになってるので手元を見なくも使えます。

最初はボールペンとかとクリップの位置が逆なので違和感がありましたが、もうずっと使ってるので慣れました。


木軸で心配なインク汚れがつきにくい

木軸の場合はインク交換のときにインクがついて染みにならないか心配ですが、キャップレスはペン先と軸が独立していてインク補充のときに軸を外すことになるので、その心配がありません

実際に気のところにインクが付いてしまったときにシミになるかどうかはわかりませんが、2年以上つかっている今も綺麗に保ててます。

パイロット キャップレス 木軸

パイロット キャップレス 木軸


極細は手帳に書き込みやすい

キャップレスの特徴というよりはペン先の特徴ですが、極細(EF)はボールペンの0.3と同じくらいで細かい字が書けるので手帳にも書き込みやすいです。


まとめ

万年筆

仕事で万年筆を使うなら文句なしに使いやすく、会議中などサッとメモを取りたいときでもボールペンと同じ感覚で使えるので、仕事中だと一番使ってます。

いつでも万年筆を使いたいって人にはキャップレスは一番オススメです。

キャップレスの特徴まとめ

  • ノックでいつでも使える
  • 小さなペン先だけど書き味も申し分なし
  • 大容量コンバーターCON-70に対応していない
  • コンバーターだとインクの残量がわかりづらい
  • インクがやや煮詰まりやすい
  • キャップレスはラインナップが豊富
  • クリップがペン先側についている
  • 木軸で心配なインク汚れがつきにくい


こんな記事も書いてます
Google Adsense(レクタングル大)×2




Google Adsense(レクタングル大)×2




シェアする

フォローする

Google Adsense(レクタングル大)×2