万年筆は手入れなんていらない!?手入れまとめ

シェアする

ボールペンと変わらない値段でも気軽に買えちゃう万年筆。

でも手入れとかめんどくさいんじゃないの?って人も多いと思います。

自分もそうでした。


しかし待ってほしい。これが意外に簡単なんだ。

めんどくさがりで掃除とか嫌いだけど万年筆は使えてます。

手抜きはしてるけど問題なく使えてるからまあ大丈夫でしょう。

お手入れ

万年筆

万年筆でいちばん大事なのはいつも使い続けるということです。

使い続けて定期的にインクを補充していれば、内部のインクが乾かない。

これがホント大事!


万年筆の中でインクが乾いてしまうと大変。

ペン先のつまりの原因になって書けなくなってしまうこともあります。

だから乾いてしまったら洗浄しなけりゃならないけど、ヒドいときには自分でやっても洗浄ではキレイにならないことも。

そうなると修理に出さなきゃいけないので、お金も手間もかかります。


だから使い続けていることが1番。これをしていれば他の手入れがぐんと減ります

そうすると手入れといってもインクの補充くらいになるのでラクチン。

インクの補充もやり方分かればカンタンだけど、これがメンドウだという人はもうカートリッジを使って欲しい。

使わないならインクを抜く

万年筆

乾きは大敵なので長期間使わないときにはインクを抜いて洗浄すべき。

具体的にどれくらい?という基準はその万年筆によって乾きやすさが大きく変わるので一概には言えないけど、乾きやすいものだと体感で2週間使わないなら抜いておいたほうが良いと思います。


プラチナ万年筆のスリップシール機構だと1年位使わなくても大丈夫なので、これが搭載されているものを買うという手も。

これ1本持ってて、買ってからまだ1回もインク入れ替えてないんですが、1年半近く経つのに余裕で使えてます。

ホント凄い・・・!!


それ以外の万年筆だと、基本的には嵌合式(かんごうしき)といわれるカチッと閉める蛍光ペンやサインペンなどでよくあるタイプはネジ式のキャップに比べて乾きやすいです。

だからネジ式は使うときやしまうときにネジを回す手間がある分使い勝手は悪いけど、インクが乾きにくいという良さがある。

使ってみるとわかりますが、全然違います。

使う万年筆が増えた今、インクを入れてる万年筆のほとんどがネジ式です。


ちなみに、パイロットのキャップレスは乾きやすいです。

体感では嵌合式の万年筆と同じくらいの印象。

ただ、キャップレスは使い勝手バツグンで常に使えるから、その欠点はほとんど問題にならないかもしれないですけどね!

万年筆を洗浄する

万年筆

洗浄が必要なのはこんなとき。

  • 長期間使わないとき
  • しばらく洗浄してないとき
  • 乾いちゃったとき

ずっと使っているとペン先に紙の繊維がつまったりしてくるので、たまには洗ったほうが良いです。

ホントはインクの補充のたびに洗ったほうが良いんですけどね・・。

インクを補充するときにホコリがインク瓶に入ってしまうのでインクにカビが生えたり変質したりする原因になるので。


でもまあガンガン使ってどんどんインク使ってればインクの保管方法を間違えなければ大丈夫なのかな。

今のところは大丈夫そう。

インク保管方法の話

用意するもの

洗浄キットが売ってるけど、なくても大丈夫。ただ、↓のアイテムはあると便利。

コップ

100円ショップなんかで適当に買えば良いと思います。

なければ洗面器とかでも良いけど、インクが付着する可能性があるので、専用で買ったほうが良いです。

ペン先をつけるので、ペン先が当たらないように大きめのものにしたほうが良いかも?

私はうがいに使うようなサイズのコップを使ってます。

化粧用の注射器

カートリッジを再利用する場合に使います。

これも100円ショップで売ってます。

化粧品コーナーにある、先の太いやつです。

洗浄手順

コンバーターの場合

水またはぬるま湯をコップに入れて、インクを補充する要領で何度も水を出し入れします。

このときにコップの水が汚れてきたら水を交換してください。

ある程度キレイになったらコンバーターを万年筆の本体から外して、ペン先をきれいな水を入れたコップの中に半日~一晩つけておき、終わったら乾かします。

水につけるときにはペン先がコップ当たらないように注意してください。

最悪の場合は書けなくなったり書き味が変わっちゃったりするので。

カートリッジの場合

カートリッジを万年筆から外し、水道の水またはぬるま湯を万年筆の上(カートリッジが刺さってたところ)にかけます。

しばらく水を流してある程度キレイになったら、上のコンバーターと同じようにしばらくきれいな水につけてから乾かしてください。


カートリッジを洗うとカートリッジが再利用できます。

そうすると、コンバーターに対応していない万年筆でも好きなインクを使えるようになります。

その場合に注射器が必要です。

カートリッジで好きなインクを使う方法について、詳しくはコチラに書いています

万年筆の扱いの注意点

万年筆

1つの万年筆で使うインクは1種類

違うインクが混ざると、インク同士が化学反応を起こして変質してしまうことがあります。

洗浄していても完全に取りきることは難しいので、違うものを入れると混ざってしまいます。

色が多少変になるだけなら良いですが、万年筆にダメージを与えることもあるので、1度インクを入れたら違うインクはその万年筆には使わない方が良いです。


とはいえ、同じメーカー・同じシリーズなら、まだリスクは低いかと思ってパイロットのインキシリーズは色を変えて使ってるものもあります。

今のところ問題は起こってないですが、やるときは気をつけたほうが良いです。


値段が高い金ペンでは怖いからやってないですね・・。

やるときも、いつも以上に念入りに洗浄してからにしてます。

ひどいときは万年筆の内部が溶けちゃったりするそうなので。

まとめ

万年筆

冒頭で書いたとおり、使うってことさえしていれば割と何もせずともいけちゃうので楽です!


パイロットのカスタム742シリーズは3本持ってるけど今まで1度も洗浄したことないかも・・。

でも今のところ問題なく使えてます。


そんな感じであんまり手入れってほどのことはしてないけど、その代わりに日記とかでこまめに色んな万年筆をローテーションで使ってます。

これやってれば万年筆の状態もわかるし、手入れにもなるので良いですよ。

以上!

こんな記事も書いてます


スポンサーリンク
Google Adsense(レクタングル大)×2




Google Adsense(レクタングル大)×2




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense(レクタングル大)×2