【万年筆】カートリッジで好きな瓶インクを使うウラ技

シェアする

瓶インクを使うならコンバーター(※)を使うか、本体吸入式の万年筆を使用することになると思います。
※コンバーター:インク瓶から万年筆にインクを吸入するための器具

コンバーターについてはコチラにちょっと書いてます。


しかし、カートリッジでも好きなインクを使いたい!そんな人もいると思います。

コンバーターにインクを入れるのが苦手だったり、使えるコンバーターが手元になかったり、理由は色々あるかと思いますが、そんなときに使える小技です。

といっても注射器で空のインクカートリッジに入れるだけ。なんてカンタン。

用意するもの

カートリッジ式で好きなインクを使う

用意得するものはコレだけ!カートリッジさえあれば新たに使ったのは100円だけですね。

気軽にできます。

  • 空のカートリッジ
  • 化粧用などの注射器(100均)

空のカートリッジ

インクを使い切って空になったカートリッジを洗浄して乾かします。

洗浄は水道の水をそのまま流せば大体きれいになるかとは思います。

それでもキレイにならない場合は、後述の注射器で綺麗な水をカートリッジの中に放出するってことを何回かやれば良いかと思います。

化粧用などの注射器(100均)

写真の注射器は100円ショップのダイソーで買いました。

医療用と違って先が太いです。太いほうがカンタンでよいかと思います。


私の行ったダイソーでは化粧品コーナーに置いてましたよ!

男性だとちょっと行きづらいかもしれませんが、ガマンです。


手順

万年筆
手順はカンタン3ステップ


  1. 注射器で好きなインクを適量吸い取る
  2. 注射器内のインクをカートリッジの中に放出
  3. カートリッジを万年筆にセット

コレだけ!

あとは注射器に残ったインクを瓶に戻して洗浄して乾かすくらいです。


便利でお手軽なこの方法ですが1つ注意点があります。

それは、何度かカートリッジをつけたり外したりしているうちにカートリッジが変形してしまい、隙間ができてインク漏れにつながるということ。

少しでも怪しいなと思ったらやめておいたほうが良いでしょう。

カートリッジをセットした後にひっくり返してみたりして漏れてこないかチェックしたほうが良いかもしれません。

まとめ

万年筆

この方法だとコンバーターと違って手が汚れにくいところもオススメなポイントです。

コンバーターだと万年筆の先についたインクを拭き取るときに、インクが手につきやすいんですよね。


手元に万年筆に使えるコンバーターがないときなんかに役に立つので、空のカートリッジは取っておくことをオススメします!

こんな記事も書いてます
Google Adsense(レクタングル大)×2




Google Adsense(レクタングル大)×2




シェアする

フォローする

Google Adsense(レクタングル大)×2