万年筆のインクを好きな順にランキング化してみた【ボトルインク】

シェアする

今まで万年筆を3年くらい使ってきて、その中でも気に入っている万年筆のインクを好きな順に並べてみました。

基本的に運用コストを気にしてしまうので、カートリッジインクよりも一般的にコスパが良いボトルインクのほうが好みで、ほとんどの万年筆でボトルインクを使用しています。

そんなわけで当記事で紹介するのもボトルインクばかり。

ただし、順位についてはコスパ順ではなく、今後も使っていきたいという純粋に好きな順です。


インクの好みをあげるとしたら、明るい色のインクです。明るい色で書いていると気分も明るくなる感じがするので好きです。

ランキング<万年筆のインク編>

万年筆

1.色彩雫:秋桜(コスモス) / パイロット

万年筆インク 色彩雫(いろしずく) 秋桜(コスモス) パイロット

その名の通りコスモスのようなピンク色のインクです。冒頭にも書いた通り明るく華やかな色で、書いていて気分も明るくなる感じがして好きなのです。

アウロラのオプティマ996に使用しています。

インクフローについても問題なく快適です。特に滲みやすいとかは感じませんが、色彩雫シリーズは割とサラサラしていて滲みやすい部類と言われてますね。このあたりは色で多少違いがあるのかもしれません。

2.ターコイズ / ペリカン

万年筆インク ターコイズ ペリカン

後述のパイロットのブルーをしばらく使用していたけれど、もっと明るい青が欲しくなって買ったインク。

色彩雫シリーズの天色(あまいろ)と迷ったけれど、ちょうどペリカンの万年筆を購入したので、ペリカンのこのターコイズにしました。

ペリカンのM600、M800に使用しています。

若干にじみやすいですが、狙いどおりの明るい色で気に入っています。インクの濃淡がものすごく出やすいので、サラッと書くだけで文字に味が出ます。

3.ブルー / パイロット

万年筆インク ブルー パイロット

一番使ってるインクです。

パイロットのカスタム742(ウェーバリーフォルカンスタブ)、エラボーに使用しています。

コスパもインクフローも良くて重宝しています。

まとめ

万年筆

いつもと同じ万年筆でも、インクをかえるだけでガラッと印象が変わります。

新しい軸を買うのに比べたらインクを買うほうがずっと安く済むので、飽きたなってときには新しいインクを買ってみるのも良いかもしれませんね!

こんな記事も書いてます
Google Adsense(レクタングル大)×2




Google Adsense(レクタングル大)×2




シェアする

フォローする

Google Adsense(レクタングル大)×2