万年筆のインク吸入方式&インクの入れ方について(カートリッジ?コンバーター?)

シェアする

万年筆のインク吸入方式を紹介します。大きく分けて3種類のタイプがあります。

  1. コンバーター式
  2. カートリッジ式
  3. 本体吸入式

コンバーター式とカートリッジ式については両対応している場合が多く、これが主流です。

万年筆本体によって対応しているものは異なるので、各社の公式ホームページやカタログを見てください。

コンバーター式

コンバーターは万年筆にセットすることで好きなインク瓶からインクを吸入して使えるタンクのようなものです。


コンバーターは、インキ瓶から万年筆にインキを吸入するためのインキ吸入器です。
(パイロット公式ホームページより)


瓶のインクを使いたいなら、このコンバーター式か本体吸入式が良いと思います。

コンバーターはメーカーそれぞれが出しているので形状が異なります。

同じ会社のものでも容量などによって対応・非対応が異なりますし、逆に他社のコンバーターでも形があえば使えます。

特に海外メーカーの規格は使い回しが効くことが多いですね。

繰り返し使えて経済的

カートリッジ式と比べるとコンバーターは繰り返し使えるので経済的です。

コスパ重視ならコンバーター式がおすすめです。

インクの容量は少なめ

インクの吸入機構があるのでインクの入る部分(容量)がどうしても小さくなってしまうため、容量は少なくなります。

容量が小さいとインクを補充する頻度も当然多くなるので、万年筆のヘビーユーザーになると容量は大きいものがオススメです。

パイロットの標準のコンバーター(CON-40)の容量は0.4mlですが、カートリッジは0.9mlくらいあります。

ただし、大きめの万年筆だと大きいサイズのコンバーター(CON-70)も使えて容量は1.1mlになるので、カートリッジよりもコンバーターのほうが大きい場合もあります。

インクを補充する手間がある

カートリッジ式のようにインクは入っていないので、自分でインクを詰める必要があります。

コンバーターによって方法は多少異なりますが、一番よくあるのは回転式です。

コンバーターの後ろ(尾軸)が回るようになっていて、万年筆のペン先をインク瓶に浸した上でクルクル回してやるとインクが登ってきます。

このインクの補充は面倒なように思えるかもしれませんが、簡単なので1、2回やればすぐに慣れます

万年筆が好きになると、こうした時間も楽しくなります。

それだけ書いたっていう達成感も味わえます。

カートリッジ式

カートリッジ式はボールペンの替芯のように既にインクが詰まっているので、インクが空になったらカートリッジを取り替えるだけのカンタンお手軽です。

コスパでは劣る

瓶インクを買うよりもカートリッジのほうが高いです。

もちろん瓶インクでもピンきりなので高いものを買えばコスパは悪くなりますが、コスパを追求したいならカートリッジ式以外を選んで、安いインクを買ったほうがランニングコストは安くおさえられます。

好きなインクが使えない

最初からインクが詰まっているので、好きなインクを使うことが出来ません。

例えばパイロットの大人気のインクシリーズである色彩雫(いろしずく)は瓶のみでカートリッジでは出ていません。

ただし、インクが空になったカートリッジを洗浄して乾かし、注射器などで瓶からインクを移してやることで好きなインクを使うウラ技もあります。

【万年筆】カートリッジで好きな瓶インクを使うウラ技

容量が多い

カートリッジではインク吸入機構がない分、コンバーターよりも容量が多くなります。

外での使い勝手が良い

カートリッジタイプだと筆箱などに入れて持ち運びできるので、試験に万年筆を使うような人には特に人気です。

インクの容量が多く、インクが空になったときの対応もカートリッジを取り替えるだけで簡単なので、スピードが求められる人には正にうってつけです。

めんどくさいけど万年筆使いたいっていうワガママな方にもオススメ。

本体吸入式

ヘリテイジ92
このタイプはコンバーターのようにインクを吸入する機構が万年筆本体についています。

なので瓶インクがあればすぐに好きなインクを使うことが出来ます。

インク容量が大きい

コンバーターは色々な万年筆を使えるようにするため小さめに作られている分、万年筆の中に余分な隙間ができます。

本体吸入式ならその余分な隙間がなく、本体のサイズに目一杯インクを詰められるので、インクがたくさん入ります。

パイロットの「カスタム ヘリテイジ92」という万年筆だとインクの容量は1.1mlです。

故障に弱い

吸入機構があるぶん複雑な作りになるので壊れやすくなります。

コンバーター式なら新しいコンバーターを買うだけで済みますが、本体吸入式だと修理に出さないといけないのでその点がネックですね。

インクを補充する手間がある

コンバーター式と同じですね。

その万年筆によって吸入方式は異なります。

個人的にはワンアクションで一瞬でインクが補充できるプランジャー吸入機構式ってやつを使ってみたい…

定価3万円ですが。


インクの入れ方

万年筆

インクの入れ方についてまとめました。

動画を見ていただいたほうがわかりやすいので動画を載せています。

コンバーター式

コンバーター式でよくある注意点ですが、インクを吸入したあとに万年筆についたインクを拭き取るときにペン先は拭かないでください。無限にインクがとれますので。

拭き取るのは持ち手(軸)についたインクです。


拭いても拭いてもインクがつくよー!ってときはたぶんペン先に触れています。

自分で補充した分だけインクがペン先に供給されつづけるので終わらない戦いをすることになります←経験済

回転式

コンバーターで一番多いのがコチラの回転式です。

プッシュ式

カートリッジ式

カートリッジ式でよくあるのが、カートリッジをセットしたのに書けない!壊れてるの!?っていうトラブルです。←経験済

コンバーターの場合だとペン先から吸入するので吸入した時点でペン先までインクが供給された状態になるのですぐに書けるのですが、カートリッジ式の場合はペン先にインクが供給されるまで結構時間がかかります

少し置いて気長に待つか、カートリッジの腹を軽くもんでやると少し早く供給されます。


本体吸入式

まとめ

私はコンバーター派です。

パイロットのCON-70っていう大容量コンバーターは使い勝手もよくてオススメ!

このコンバーターに対応してなかったら買うのを控えるレベルです。

こんな記事も書いてます


Google Adsense(レクタングル大)×2




Google Adsense(レクタングル大)×2




シェアする

フォローする

Google Adsense(レクタングル大)×2