【スタブ(SU)】縦横で字幅が変わる!自然と字に味が出る万年筆【カスタム742】

シェアする

カスタム742 スタブ(SU)


パイロットの万年筆カスタム742(SU:スタブ)は、縦と横で字幅が変わる

字幅は縦が太字(B)で横が中細字(FM)くらい。

カスタム742 スタブ(SU)


スタブは以前紹介したウェーバリーフォルカンと同じくペン先の種類のこと。

ウェーバリーやフォルカンにハマって、ほかにも面白いペン先ないかなーと思って探してたところ目に留まったのがこのスタブだった。




特徴と感想

カスタム742 スタブ(SU)

[良い点]字幅の変化が楽しい

書いていて楽しいというよりは、書いたあとの筆跡が面白い。

そのあたりは筆圧のコントロールで字幅が変化するフォルカンとは違った感じ。


[良い点]字が上手く見える(気がする)

スタブで書くだけで自然と字に味が出るので、下手な字もごまかされるような気がする。


[良い点]大容量コンバーターに対応

スタブがラインナップにある万年筆はおそらくウェーバリー、フォルカンと同じで以下3点だけ。

どれも大容量コンバーター(CON-70)に対応、かつ付属されているのでコンバーターを別で買う必要がないところも良い。

  • カスタム742(定価2万円)
  • カスタム743(定価3万円)
  • カスタム ヘリテイジ912(定価2万円)


[悪い点]書き味が悪かった

過去形になっているとおり、使い始めた頃は書き味が悪く、引っ掛かりを感じていたので、好きではなかった。

むしろガッカリした。いくら面白さがあったって書き味が悪くストレスがたまるのは困る。

でもガマンして少しずつ使っているうちに不思議と滑らかな書き心地になってきて好きになった。


万年筆を好きな順に紹介している『万年筆20本使ってみて良かったものをランキング化してみた』でも、当初は最下位に近いくらいだったけど、現時点で6位まで上がっている。


書き味に関しては、もしかしたらたまたまハズレを引いただけなのかもしれないけど、パイロットは品質が高く安定していると評判なのでどうなんだろう。

使ってたら別物?と思うくらい変わったので、同じように書き味が悪く感じる方も使い続けてみてください。


[悪い点]選べるペンの種類が少ない

ウェーバリーやフォルカンと同じく、選べる軸が少ない点は残念。

もっと格好良い見た目のものがあれば更に良かった。

今後に期待!!

まとめ

万年筆

同じ特殊ペン先シリーズのフォルカンよりは地味だけど、扱いやすさはこちらのほうがずっと上なので、字幅変化タイプで普段遣いしたいならスタブのほうがオススメ!

筆圧のコントロールは万年筆初心者には難しいのでフォルカンはオススメしづらいけど、スタブなら普通の万年筆と同じような感覚で使えるので。


良い点

  • 字幅の変化が楽しい
  • 字が上手く見える(気がする)
  • 大容量コンバーターに対応
悪い点

  • 書き味が悪かった
  • 選べるペンの種類が少ない


こんな記事も書いてます




Google Adsense(レクタングル大)×2




Google Adsense(レクタングル大)×2




シェアする

フォローする

Google Adsense(レクタングル大)×2