初めての1本にオススメの万年筆<鉄ペン編>

シェアする

今回はデビューにオススメの万年筆を紹介

万年筆を使ったことがない人にとって、万年筆って実際使いこなせるのかな・・?って不安が結構あると思います。私はそうでした。

そんな人にとって、高いイメージの万年筆は手を出しづらいと思うけど、意外にも安くて良いモノがたくさんあります。

私のオススメ

コクーン(パイロット)

パイロット 万年筆 コクーン
1番オススメがコレ!定価3千円。ネットだと2千円ちょっとで買えるかな。

私の初めての万年筆がこのコクーンだったし、これがきっかけで万年筆の魅力にハマって今に至るんだと思う。

値段と見た目や品質のバランスが良かった。

ビジネスでも使える見た目だし、書き味も滑らかで万年筆の魅力に取りつかれるキッカケになった。

金属軸なのでちょっと重みがあって筆圧を抜いて優しく書くというボールペンとは違った万年筆ならではの書き方に慣れるのにも良い。軽すぎると筆圧抜いたときに軸が不安定になるけど、適度な重みがあると軸が安定してインクもちゃんと出るので、慣れると疲れにくいのです。

ほかに安い万年筆はたくさんあるけど、大体プラスチックを使ってるので軸が軽くて、その点が難点かなーと思います。

ちなみにペン先(ニブ)は下で紹介するカクノと同じモノを使っているそうです。

公式サイトはコチラ

カクノ(パイロット)

1000円で買える大ヒットした万年筆。1000円なのに、万年筆の書き味を味わえる。1000円でコレは素晴らしい。初めての人でも安心して勧められる。

でも、見た目が小学生なので、大の大人が使うにはちょっと恥ずかしい。なので、家でしか使ってない。

公式サイトはコチラ

その他の安価な万年筆

100円ショップ

一番安いのがおそらくコレ。ダイソーには何タイプかあります。しかし、買ったものの使ってない・・。

プレピー(プラチナ万年筆)

300円で買えちゃう世界一売れている万年筆。(極細は400円)

300円だけど、ちゃんとスリップシール機構が搭載されてるのね・・。スゴイ。

通常、万年筆はキャップを閉めていても段々とインクが蒸発して乾いちゃって、洗わないと使えなくなってしまうのだけど、プラチナ万年筆の特許技術で1年くらいは持つ。

コレは他の商品で使ってるけどホントに便利。本数が増えてくるとなかなか使わない万年筆が出てきちゃう。

しかも、コンバーター(※)対応なので好きなインクが使えちゃう。300円ってスゴイな、ホント・・。

※コンバーターは繰り返し使えるインクの吸入器で、これがあれば他社のインクでも使えるし、繰り返し使えるので経済的。コンバーターの他にカートリッジタイプがあって、これはボールペンの替芯と同じように使い切り。コストは比較的高くなるけど、こっちのほうが手間はかからない。

公式サイトはコチラ

プレジール(プラチナ万年筆)

1000円万年筆のプレジール。

安い万年筆の中だとビジネスでも使いやすい見た目で、パイロットのコクーンと迷った1本。コチラにも、もちろんスリップシール機構は搭載されているので使い勝手は良い。

公式サイトはコチラ

ペチットワン(パイロット)

200円万年筆のペチット1。「マツコの知らない世界」で文具ソムリエールの菅 未里さんが紹介されていた。

使ったことないけど、コンバーター使えないからこれ買うなら同じ値段で買えるプレピーにするなー、自分だったら。ただ、見た目はこっちのほうが好き。

公式サイトはコチラ

サファリ(ラミー)

オシャレで愛好家が多いサファリ。定価は4000円だけど、ネットでは2000円位で買えちゃう。

去年見た銀座伊東屋ランキングで売上本数1位だった。カラーバリエーションが豊富で、限定カラーもあってたくさん持ってるって人も多いんだろうなー。今年の限定色もよくSNSで目にした。

1本持ってるけど、ハズレを引いたのか合わなかったか、書き味に引っかかりを感じてあまり気持ちよくなかったので使わなくなったので個人的にはアレだけど、人気なので外せなかった。軸が軽いのは気になるかなー。やっぱり。

公式サイトはコチラ

雑誌の付録

最近は雑誌の付録にも万年筆がついていることが結構多くなりました。しかし、今まで買ったものはデザインは良くても使い心地はイマイチ・・・。ただ、結構良いって人もいるので当たりハズレが大きいかもしれません。でもハズレを引いてしまうときっと万年筆のイメージが悪くなってしまうので、初めての1本には選んでほしくないですね。


まとめ

万年筆

一番のおすすめはやっぱりコクーン!

私の初めての万年筆であり、自身を持ってオススメできる1本

以下3点セットは買ってすぐに万年筆を楽しめて、人気でよく売れてるので初めて万年筆に触れる人には良いと思います!

・万年筆:コクーン
・インク:色彩雫(いろしずく)
・コンバーター(インク吸入器):CON-40

コクーンや色彩雫を買うときはカラーがたくさんあるので、ぜひ自分好みの色を探してみてください

コンバーターはCON-40ならコクーンに対応してるので、コクーンに装着すればインクを吸入できます
※パイロットの他のコンバーターは使えない場合があるので注意です!


こんな記事も書いてます
Google Adsense(レクタングル大)×2




Google Adsense(レクタングル大)×2




シェアする

フォローする

Google Adsense(レクタングル大)×2