万年筆本体

【ジャスタス95レビュー】ペン先の弾力を調節できる万年筆【パイロット】

justus95 / pilot(ジャスタス95 / パイロット)

ジャスタス95といえば、ペン先の弾力を調整できるところが一番の特徴。

パイロットにはまずキャップレスに驚かされ、その後にジャスタス95のことを知り、自分の好みに合わせて書き心地を変えられるなんてすごいものだとますますパイロットの魅力に引き込まれていきました。

たかぎし
たかぎし
こういうギミックが付いているというだけでワクワクしてしまいます。

 

首軸の先にあるコントローラーをクルクル回すとペン先の上にあるプレートが前後に動き、硬さを調整できる仕組みです。

H方向に回すとプレートが伸びてきてペン先が押さえつけられる範囲が長くなり、しなりにくくなるので硬くなります。

justus95 / pilot(ジャスタス95 / パイロット)

 

逆にS方向に回すとプレートが引っ込んでしなりやすくなってやわらかく感じます。

justus95 / pilot(ジャスタス95 / パイロット)

 

ジャスタス95はそんな面白い万年筆です。

 

ジャスタス95(FM:中細)のレビュー

justus95 / pilot(ジャスタス95 / パイロット) justus95 / pilot(ジャスタス95 / パイロット)

専用の箱に入っています。

1枚目の写真のキャメルのペンケースは無関係です。(まぎらわしくてすみません)

インクは色彩雫シリーズの天色にしました。

justus95 / pilot(ジャスタス95 / パイロット)

 

よくしなり、ハネ・ハライを表現しやすいペン先

justus95 / pilot(ジャスタス95 / パイロット)

筆圧をかけるとペン先が開き、ハネ・ハライを表現しやすいペン先です。

硬くしても軟らかくしてもこの特徴は変わらず、日本語を書くのに適した万年筆ですね。

個人的には結構大事なポイント。毛筆のように字幅の変化があったほうが見た目にきれいなのと、単純に書いていて楽しいのです。

筆圧をかけるとしなりを楽しめます。

 

筆圧をかけないとしなりは感じにくく、ペン先を紙に当てたときの感触がわずかに違うのを感じるくらい。

硬くしたほうがダイレクトに反動が来る感じで、軟らかくしたときは文字通りですが気持ちソフトになります。

字幅にもわずかに変化がある

見比べればわかる程度ですが、弾力の調節にあわせて字幅もわずかに変わります

軟らかいと字幅は太く、逆に硬いと字幅は細くなります。

しなり具合が変わることでペン先の開きに違いが出るため、同じように書いても自然と字幅が変化しているのでしょう。

 

パイロット安定の書き味

書き味は安心のパイロットなので全く問題なし。

筆圧をかけても抜いてもかすれたりすることもなく問題なく書けます。

 

弾力調整の様子や実際に書いてみた動画を撮ったので気になった方は見てみてください。

 

筆圧強めな人向けか?

レビューを書くにあたって、どんな方におすすめなのかが悩ましかったところ。

こういうギミックがある文房具好きなんだ~という方なら良いと思うのですが、純粋に万年筆としてみてみると定価3万円となかなか良いお値段。

単純に硬めと軟らかめの万年筆がほしいだけなら、例えばカスタム74のFM(中細)、SFM(ソフト調中細)を買ったほうが定価2.4万円と安く済むのでジャスタス95でなくても良いでしょう。

軟らかい万年筆目当てであればフォルカンの方が軟らかさを感じやすくておすすめです。やっぱり専門職には勝てません。

関連記事

 

フォルカンやソフト調のペン先では軟らかすぎるけど、普通のペン先よりは軟らかい書き味が欲しい
というような方には好きな弾力に調節できるジャスタス95は良さそうです。

軟らかいペン先は一般的に筆圧弱めな方向けとされていて、筆圧が強い方だとふわふわしすぎて安定せず扱いづらい可能性があります。

ジャスタス95は筆圧がかかってもしっかりとした弾力で支えてくれる感じがあるのと、調節したときの弾力の違いを感じやすいので筆圧強めなかたの方がジャスタス95はおすすめです。
※強すぎると壊れてしまうので注意してください

弾力がある軟調タイプのエラボーに近いような書き味の印象です。

 

逆に筆圧弱めだと硬くしたときと柔らかくしたときで違いを感じづらく、せっかくの弾力調節のメリットが薄くなります。

万年筆を使い始めた頃にジャスタス95を試筆したときは硬くしたときと軟らかくしたときでもっとギャップがある印象だったのですが、それから3年ほど経って筆圧を抜いて書くことに慣れた今では少々物足りなく感じました。

フォルカンなど軟調のペン先に慣れていて、筆圧が弱い方にはジャスタス95はあまりおすすめできません。

もちろん興味があれば良いと思うのですが、買う前の試筆は強くおすすめします。

 

デザインはストライプとネットの2タイプ

黒軸に金色のクリップやリングというシンプルなデザインです。

ジャスタス95はカラーリングにはバリエーションがなく、軸の彫り模様によって以下の2タイプがあります。

  • ストライプブラック
  • ネットブラック

 

ストライプは直線、ネットブラックは波線に彫られています。

私が持っているのはネットブラックの方で、彫り模様のためか持ったときに滑りにくく感じます

カスタム74のようなすべすべした軸と比べて安心感があります。

 

大容量コンバーターCON-70付属

私にとっては大事な大型コンバーターCON-70対応。

大容量であることもメリットなのですが、それよりも吸入がカンタンなところが気に入っています。

そんなCON-70が付属されています。

【パイロット】万年筆用 コンバーター CON-70

 

まとめ:ジャスタス95は筆圧強めで書くと楽しい万年筆

justus95 / pilot(ジャスタス95 / パイロット)

ジャスタス95の特徴をまとめるとこんなところ。

ジャスタス95の特徴
  • 弾力を調節できる
  • 筆圧強めのほうが弾力の違いを感じられて楽しい
  • 彫り模様で軸が滑りにくい
  • 大容量コンバーターCON-70対応でインクの吸入がラク

意識しないと筆圧弱くジャスタス95をあまり楽しめないでいたのですが、ペン先に弾力があることに気づいてからは楽しくなりました。

エラボーに近いような書き心地なので、エラボーに弾力調整機能がついた万年筆という感じで使いやすい万年筆です。

たかぎし
たかぎし
字をしっかりと書けて弾力で楽しむこともできるので、お出かけや旅行など持ち歩く万年筆を少なくしたいときに重宝しそうです。

 

このほか、おすすめの万年筆について書いていますので、よかったらコチラもどうぞ!

こんな記事も書いています
関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。