万年筆を使うメリット・デメリットまとめ!

シェアする

万年筆を使ったときのメリットデメリットをまとめました!

メリット

書き味が滑らか

万年筆

まずいちばんの特徴としては書き味の良さ・滑らかさ

最近ではジェットストリームやサラサなど様々な滑らかに書けるペンがありますが、それと比べてもやはり万年筆の書き味の滑らかさは全然違います。

私も万年筆を使うようになってから、この書いたときの滑らかさにすっかりとりこになりました。

書くことの楽しさを教えてくれます。

疲れにくい

万年筆

万年筆は筆圧をかけなくてもスラスラ書けます

論文試験などスピード・量が求められる人が万年筆を愛用してるって話をよく聞きますが、この疲れにくさの利点はやっぱりデカイ。

ほどよい重さの万年筆はずーっと書いてられます。

字が上手く見える

万年筆

万年筆で書くと字に味わいが出ます。

ボールペンなどにように字が画一的でなく、インクの濃淡や筆圧の加減によってハライやハネの表現ができるので、字が綺麗に見えます。
※万年筆やペン先の種類によって変化があまりないものもあります。

字が下手でも万年筆を使うことで字の見映えが良くなりますし、上手な方ならその綺麗さが更に際立ちます。

使えば使うほどに自分好みの書き味に育っていく

万年筆

万年筆を使う人にとってこれはかなりの魅力ではないかと思います。

使っているうちに書く人の癖にあわせてペン先が少しずつ摩耗していくことで使ってる人に合うようになっていきます

買ったばかりで「あれっ? あんまり良くないな~」なんて思っていても、しばらく使っているうちに滑らかになっていきます。

自分好みの書き味に育っていくって嬉しくないですか?

革のエイジングが好きな人なんかは相性良さそうですね。

実際のところ万年筆にハマってる人って革製品も好きな人が多い気がします。私も含めて。

高級感があってお洒落

万年筆

見た目がオシャレで眺めてるだけでも楽しいのも万年筆の大きな特徴です。(良いものはそれだけ高いことも多いですが・・。)

最近は木軸や金属軸などの高級ボールペンが流行っていますが、その分持っている人が多くて被ることも多いです。

私のお気に入りのボールペンのピュアモルトという木軸のジェットストリームも持っている人がチラホラ・・・。


万年筆だと、まず使っている人自体が少ないですし、万年筆の軸の種類も豊富なので人と被ることはほぼないので差別化できます。

人と同じものはヤダ!って人にもピッタリ。

お気に入りの万年筆を胸ポケットなんかに挿しているとモチベーションもあがります!

好きなインクを使える

万年筆

ボールペンは基本的に決まった型のペン芯しか使えないので、互換性がなければ諦めることになります。

万年筆ならコンバーターという万年筆のインクをつめるパーツがあるので、これに好きなインクをつめて使うことができます。

他メーカーのインク・好きな色のインクも使いたい放題です。

インクによって粘度などの違いに寄って書き味にも影響するので、好みのインクを探すのもまた楽しいところです。

インク沼にハマる人も多数います。

ランニングコスト(インク代)が安い

万年筆インク(ポン酢)

高いイメージがある万年筆ですが、ランニングコストであるインク代は意外にも安いです。

私が愛用しているパイロットには通称ポン酢インクと言われる、ペットボトル容器に入っているものがありますが、これだと350mlも入っているのに定価1500円と驚きの安さです。

ボールペンの替芯だと1本で定価100円はしますからね。金属製だと200円するものもあります。

さすがにポン酢インクほど安いものはあまりないですが、ボールペンと比べても安いっていうのは意外でした。

インク沼にハマらないようにしないといけない点だけ注意ですね笑

デメリット

万年筆にはボールペンなど一般的な筆記具と比べたデメリットがあります。

値段が高い?

万年筆

一般的に万年筆は値段が高いイメージが有るかと思います。

実際そのとおりです。1万円を超えるもの、10万円を超えるもの、100万円するものなど高いものがたくさんあります。

しかし、そんな高いイメージの万年筆も200円くらいから買えるものもありますし、高級ボールペンと同じくらいの価格帯(3000円~5000円)でも、見た目もオシャレで書き味が素晴らしい万年筆もあります。

書きづらい?

万年筆

万年筆を使ったことがある人で書きづらいなーって感じたことがある人もいるかもしれません。

万年筆には適した持ち方が有ります。

ポイントは向きと角度です。

ペン先面が上を向くようにして、やや寝かせ気味に持つ。

これだけ注意すればすぐに慣れます。

角度については万年筆によって適した角度があり、ボールペンのように立たせて持っても書きやすいものがあるので、最初の1本にはそうした万年筆を選ぶのもオススメです。

手入れが面倒?

万年筆

手入れが面倒なイメージもあります。

なんか洗ったりとか扱い面倒なんじゃないのー?って。

これもやり方をわかってしまえば大したことがありません。


一番気をつけなければいけないのはインクの乾きです。

万年筆内のインクが乾いて固まってしまうと最悪書けなくなってしまい、メンテナンスに出さないと直らないこともあるので注意が必要です。

まず、キャップの閉め忘れは厳禁。

しかしこれ意外は毎日ないし数日に1回でも万年筆を使って書いていれば特に何かする必要もありません。

しばらく使わないときや使うインクを変えたいときにはインクを抜いて洗浄するくらいです。

私も最初は心配でしたが、このルールさえ守っていれば大して手間もないし、使えなくなった万年筆もありません。

万年筆に手入れはいらないよ!ってことを書いた記事はコチラに書いています。

まとめ

万年筆

万年筆は一般の筆記具と比べると注意が必要なこともありますが、ポイントさえわかれば大したことありません!

それ以上に魅力がたくさんあるので、使ってみればきっとその良さにハマります

自分だけの一本を探して育てる楽しさ

ぜひ楽しい万年筆ライフを!

こんな記事も書いてます
Google Adsense(レクタングル大)×2




Google Adsense(レクタングル大)×2




シェアする

フォローする

Google Adsense(レクタングル大)×2