万年筆インク

【万年筆】コスパで選ぶ!オススメのボトルインク

万年筆

今回はコスパが良い万年筆のボトルインクのご紹介です。

ただでさえお金がかかる万年筆。

せめて消耗品のインクはコストをおさえてガンガン使いたいという人にオススメです。

インキ350ml / パイロット

私も愛用しているパイロットの通称ポン酢インク。

ポン酢が入っている入れ物と同じような容器にインクが入っています。

350mlで定価1500円(税抜価格)という驚愕のコスパ

ここまで安いインクは見たことがありません。

ワンサイズ下の70mlのインクも定価1000円(税抜価格)でコスパはかなり良い方ですが、そちらと比較しても容量は5倍なのに、お値段はたったの1.5倍と驚きの安さです。

ブラック・レッド・ブルーブラックの3色展開

万年筆インク(ポン酢) パイロット 350mlインキ

サイズ違い(30ml、70ml)ではブルーもラインナップにありますが、この350mlにはブルーがありません。

私が1番使っているインクがパイロットのブルーなので、ブルーもつくっていただきたいところ。何故サイズによってラインナップが違うんでしょうね。70mlだとレッドがないですし。

単体では使えないことに注意

見てのとおりペットボトルのような容器に入っています。開けてすぐならこれでも吸入できるかもしれませんが、すぐペン先が届かなくなるので基本的には吸入しやすい別のボトルに移し替える必要があります

サイズ違いのインクを購入して継ぎ足して使う

私は同じインクの70ml版を買って、インクが空になくなったらそちらに継ぎ足すという方法で使用しています。

使用後のボトルに継ぎ足す場合はきちんと容器を洗って乾かしてからにしてください。

環境や手入れの状況にもよりますが、ボトルにはインクの吸入時に紙の繊維やホコリなどの不純物がどうしても混入されてしまうため、カビやインクの変質の原因となることがあります。

同じインクを継ぎ足す場合でも、ボトルが空になったタイミングで洗って綺麗にしてあげることで継ぎ足したインクの持ちが変わります。

 
 

レッドは70mlのラインナップにないので、同じ色のインクで使用したい場合は30mlの方を購入する必要があります。

空のビンを購入する

インク瓶として代用できる新品の容器を買うという方法も良いと思います。

ミニ四駆の塗料の保存などに使われる容器が密閉性があって万年筆のインクの保存にも適しています。

10mlから20mlのサイズのものが人気があります。小さすぎると大きめの万年筆だとペン先が入らない可能性があるので注意してください。

 
 

こうした小分けの容器は誰かとインクを交換したいときにも便利ですね。

フロー良好

フローが良くて快適ですが、万年筆本体もインクフローが良いものだとフローが良すぎて、にじみや裏抜けなどの問題が起こりやすいかもしれません。

同じパイロットの万年筆で使っている限りはインクが出過ぎて困ったことはありません。

まとめ

万年筆

今回はコスパの良いインクのご紹介でした。

これよりコスパが良いインクまたはこれに近いってものでも良いので、もしご存知だったら教えてください!

 
 

こんな記事も書いてます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。