万年筆インク

【ペリカン】高級ラインマーカーのクラシック M205 DUO ハイライターイエロー【レビュー】

クラシックM205DUOハイライターイエロー

今回ご紹介するのは衝動買いしたペリカンの鉄ペン(※)である『クラシックM205 DUO ハイライターイエロー』です。
※ペン先がステンレス製

セールで見かけて思わず衝動買いしてしまいました。

 

クラシックM205DUOハイライターイエローの特徴と感想

スケルトンのボディ

クラシックM205DUOハイライターイエロー

インクと同じイエローのスケルトンボディです。ペリカンのスケルトンということで『ペリスケ』とも呼ばれるそうです。

通常のスーベレーンはインクの残量がわからないところが不安になるところですが、スケルトンだとそんな心配がないですね。

おなじみのペリカンのくちばしクリップや天冠も。

クラシックM205DUOハイライターイエロー クラシックM205DUOハイライターイエロー

専用のハイライターインク

クラシックM205DUOハイライターイエロー

専用のボトルインクがあります。万年筆本体とセットで1本入っています。このインクは別売りもしているので、なくなっても安心です。

『ハイライター』という言葉は日本でいうラインマーカーのことだそうです。

 

実際に書いてみると蛍光色! 発色がよくて映える黄色です。

クラシックM205DUOハイライターイエロー

 

このインクだけ買って安い万年筆に入れれば良いんじゃないの? って疑問もあるかと思いますが、この専用の万年筆でないと詰まりやすいそうです。特に細いほど詰まりやすいそうなので、もし別の万年筆に使う場合には太めのペン先で試してみてください。

ペン先はBB(特太字)だけ

クラシックM205DUOハイライターイエロー

ペン先はBB(特太字)しかありません。かなり太いため漢字のように細かい字になると厳しいので、大きく書く必要があります。

特太ということもあってか滑らかに書けます。意外にも読みづらさは感じないのでポイントで書くだけなら文字も良いかもしれません。ただし、白熱光などオレンジの光の中だと読みづらいです。

クラシックM205DUOハイライターイエロー

 

絵やイラストを描ける人ならまた違った使い方ができそうですね。

本体吸入式

スーベレーンシリーズと同じく本体吸入式です。

スケルトンだと吸入するところが見えるのも良いですね。私はペリカンのスケルトンはこれが初めてで普段見えない吸入機構が見えて楽しいですし、インクをうまく吸入できたかわかるので安心です。

国内1200本限定

日本では1200本限定発売だそうです。2010年発売ということもあり、ネットではまだ販売されてますが、実店舗ではかなり貴重かもしれません。

私が購入したお店でも展示品だけで最後の1本でした。

シャイニーグリーンという別カラーもある

別カラーでシャイニーグリーンという緑色版もあります。

 

クラシックM205DUOハイライターイエローのまとめ

万年筆

変わり種な感じですがなかなか面白いです。ほかの万年筆とキャラが被らないので現在スタメンで持ち歩いてます。

関連記事

 

わたしは主にラインマーカーとして使っています。

万年筆にする必要があるのかは疑問なところですが、ペンケースの中の統一性は取れるのと、万年筆ファンとしてこういう面白いものを持ってるのも話題になるので良いものだなと思ってます。

できればグリーンも欲しいところです(お金が・・・

 

クラシックM205以外にもオススメの万年筆について書いていますので、良かったらコチラもどうぞ!

こんな記事も書いてます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。