万年筆本体

万年筆初心者にパイロットの万年筆がオススメな理由

万年筆

万年筆といえばモンブラン、ペリカン、アウロラなどなど数えきれないくらい魅力的なブランドがありますが、その中でも万年筆ビギナーの方にはパイロットがオススメ!

いや、初心者じゃなくてもオススメなんですけど! 初心者の方には特にオススメ! ってことです。

万年筆は個体差がある筆記具

万年筆

ボールペンなど一般的な筆記具は個体差を気にしないと思いますが、万年筆には個体差があるので注意が必要です。

まったく同じ商品なはずのに字幅が異なることもある

同じ万年筆・同じペン先でも書き味はおろか、インクの出具合(インクフロー)などが全然違うってこともザラです。

だからこそ万年筆は試し書きして買うべきと言われています。

試し書きには落とし穴も

試し書きするときと買って使うときでは使い方が違うので、後でガッカリすることがあります。

試し書きするときは通常『つけペン』と言われるペン先をインク瓶の中のインクに直接つけて書く方法で行われますが、実際に買って使うときは毛細管現象と呼ばれる現象を利用してインクを少しずつペン先に供給されながら書く万年筆の本来の使われ方になると思います。

『つけペン』だとペン先に潤沢にインクがついているのでインクフローが良く感じることが多いです。

私も試し書きして購入した万年筆をインクを入れて使ってみたときにインクフローが思っていたよりも悪くて「あれっこんなもんだったっけ?」となったことがあります。

 

万年筆に触れた経験がないと判断基準がないから、試し書きしても良いのかどうか判断がつかない場合も…! 

そんな場合はフィーリングで良いと思いますけどね! 安いやつなら。

個体差は海外ブランドだと特に当たり外れが大きいので注意!

ちょっと前に海外ブランドのペリカンの万年筆を買いましたが、店にあるものをすべて試し書きしても満足のいく書き味の商品に出会えないときがありました。お店には申し訳ないですが、買わないことに・・・。

また、「同じペン先なのに字幅が1段階以上違うのでは!?」ってこともありました。これは怖い・・・。

パイロットの万年筆は品質が安定していてハズレが少ない

万年筆

試し書きしてもかなり安定している

パイロットで試し書きして比べたところ、かなり安定していて書き味が多少違った程度でした。

それはそれでどれを選ぶか悩むこともありますが・・・!

実際に購入したパイロットの万年筆で問題があったことはほとんどない

私がパイロットの万年筆を買うときはネットでの購入がほとんどですが、問題だったことは1度くらい。

「1回あるんかい!」って感じかもしれませんが、買った当初には書き味が悪くてガッカリしたカスタム742(SU:スタブ)は書いてるうちになじんできて好きな万年筆のうちの1本になりました。

そんなわけでパイロットの万年筆は今まで10本以上購入してきましたが、ハズレがほとんどなくて安心して購入できています。

 

逆に海外ブランドの金ペンは値段も高いので失敗が怖くてネットで買うってこともほとんどできていません。万年筆の福袋を買ったときに入っていたイタリアのブランド『デルタ』くらいです。

関連記事

 




初心者にパイロットがおすすめのまとめ

万年筆

試し書きはダメだと言っているわけではなく、筆跡や字幅は試し書きするのが一番ですし、基本的にはその場で書き比べて「一番好き!」ってやつを買うのが一番だと思うので、欲しい万年筆が決まっていればお店の商品を全部出してもらって試し書きすべきだと思います。

でもパイロットは安心して買えるので最高です。

関連記事
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。