万年筆本体

初心者の方にも扱いやすいおすすめの万年筆まとめ

万年筆を愛用していると、やわらかくてふわふわとした書き心地の万年筆が好きな方が多いのですが、やわらかい万年筆は初心者の方には扱いづらいのが難点です。

やわらかい書き心地の万年筆は一般に筆圧が弱い方向きなのですが、万年筆に慣れていないと筆圧が高めなので扱いづらく感じてしまうのです。

これから万年筆を使う方や使い始めたものの書きづらいという方にはやわらかいものより硬めの書き味の万年筆のほうがおすすめです。

 

今回の記事では初心者の方におすすめの万年筆をご紹介します。

 

初心者の方にも扱いやすいおすすめの万年筆

初心者におすすめの万年筆

プレジール / プラチナ

定価千円と安価ながらとても滑らかな書き味です。

万年筆は一般的には使わないでいるとキャップをしていてもインクが乾いてしまうのですが、プレジールはプラチナ独自のスリップシール機構を搭載していて、キャップを締めていると気密性が高くなりインクが万年筆内部で乾きにくいのです。

インクまわりのトラブルになりにくいので初心者の方におすすめです。

プラチナでは300円万年筆のプレピーが有名ですが、プレジールは高級感があるのでビジネスシーンでも使いやすい見た目です。

 

コクーン / パイロット

20代、30代の若い社会人をターゲットにしたエントリーモデルの万年筆です。

万年筆は繊細な筆記具でペン先のほんのわずかな違いで書き味や書きやすさに違いが出ます。

そのため万年筆は人によって相性があるものなのですが、パイロットはすべてのパーツを国内で自社開発していて品質が高く、アタリハズレがないところが初心者の方にも安心してオススメできるところです。

この価格とこの滑らかさ、そしてデザインすべてが良くコスパ最高です。

5000円以下の低価格帯では一番おすすめの万年筆です。

関連記事

 

 

#3776センチュリー / プラチナ

プラチナの金ペンエントリーモデルである#3776センチュリーは、安定した書き味で使いやすいです。
※ペン先は金が使われている万年筆のことを通称金ペンと呼びます

他の日本で代表的な万年筆メーカーであるパイロットやセーラーの金ペンエントリーモデルと比べて硬めな書き味です。

プレジールと同じくスリップシール機構搭載で長期間使わないでいてもインクが乾かず書けます。

手入れの手間が少ないので初心者の方におすすめです。

amazonや楽天で7千円ほどで手に入ります。

 

カスタム742(WA:ウェーバリー) / パイロット

万年筆は筆記角度や紙への当て方に注意が必要で、その角度やひねり具合によっては書きづらいことがあります。

ウェーバリーというペン先は筆記角度やひねりの許容範囲が広くてあらゆる人に書きやすくなっています。

万年筆に慣れてくると持ち方が変わってくる(寝かせて書くようになってくる)ことも多いのですが、ウェーバリーなら立てても寝かせても書きやすいのでずーっと長く使えます。

ネットでも1.4万円ほどするので少し値は張りますが、この使いやすさとバツグンの滑らかさを考えると、かなりお手頃!!

この価格帯でこの書き心地の万年筆には未だに出会ったことがありません。

予算が合うならとてもおすすめです。

ウェーバリーについて詳しくはこちらの記事に書いていますので、もし気になったら読んでみてください。

関連記事

 

初心者の方におすすめの万年筆のまとめ

初心者の方におすすめの万年筆のまとめ

万年筆はデザイン以外は一見どれも同じように見えても、各社工夫されていて実際に使ってみるとあらゆる面で全く違います。

万年筆に慣れると使い方や対処がわかるので書きやすければ良いと思いますが、慣れるまでは扱いやすいものがおすすめです。

個人的には当たり外れが少なく品質が高いパイロットか、スリップシール機構でインクが長持ちしてトラブルになりにくいプラチナの万年筆がおすすめです。

こんな記事も書いています
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。