万年筆って飛行機でインク漏れするの?試してみた

シェアする

万年筆

旅行で飛行機に乗ることになりました。

やっぱり旅行にもお気に入りの万年筆は持っていきたい。ですよね?

ふと心配になって調べたら、万年筆は飛行機に持ち込むとインク漏れが発生しやすいそう。

気圧の変化によって万年筆内部の空気が膨張してインクが押し出されるんでしょうね。

パイロットのホームページによると最近は問題ないとは書いてあります。

内部機構の発達と、飛行機の機内の気密がよくなったため、ほとんどなくなりましたが、安全のためには、空気の膨張を少なくするためインキを満タンにし、ペン先を上向きにしておいてください
パイロット公式サイトより)


折角なので検証してきました。インクを満タンにするって行きは良いけど帰りは・・。インク瓶持っていくのはめんどくさい。そもそも旅行中に万年筆をどこまで使うだろうかって気も。

それに、むしろ満タンじゃなくてどうなるかを見てみたい。

コレを持っていくことにしました。

  • カスタム742/パイロット
  • #3776センチュリー/プラチナ万年筆

カスタム742は一番のお気に入りなので当然持っていく。

あとは違うメーカーのものでセンチュリー。これはスリップシール機構で強そう。

結果はまた後日追記します。

2017年7月6日追記

結果は全く問題なし!

3本中3本とも問題なしでした。

インクも満タンではなく半分程度だったので、パイロットの公式サイトに書いてあるとおり最近の万年筆は割と大丈夫なのかなーと思いました。

こんな記事も書いてます
Google Adsense(レクタングル大)×2




Google Adsense(レクタングル大)×2




シェアする

フォローする

Google Adsense(レクタングル大)×2