ノート・手帳

カラーオーダーのノートカバーは贈り物にも自分用にも!【JOGGO】

ノートカバーが好きで今までに色々と試して当ブログでも紹介してきました。

ノートを保護してくれるカバーとしての役割だけでなく、ペン挿しやポケット、しおりなんかでノートとしての使い勝手を格段に向上させてくれます。

見た目に関してもメリットは大きくて、ノート自体はよくある普通の大学ノートなんかでも、良いノートカバーを使えばカッコよくスマートに見えます。

 

ノートカバーは飽きたり用途で替えながら使っているのですが、近頃気に入ってずっと使っているのが本革でカラーオーダーできるJOGGOというブランドのA5サイズの手帳カバーです。

本革で既製品になると単色のものがほとんどではないかと思いますが、こちらは8個のパーツの色を自分で選んでデザインできてカラフルなノートカバーを作れます。

JOGGO 手帳カバー JOGGO 手帳カバー

上の写真は実際に私がオーダーしたものです。

人から見られやすい外側は落ち着いたネイビーをベースにして、内側は明るめのターコイズブルーを入れてみました。

あんまり色を使いすぎるとうるさいかなというのとセンスが問われるのでパーツによっては同じ色を使っていて全部で4色使っています。

好きな色の組み合わせができるので人と被りにくくオリジナル感が生まれて愛着もわきますし、何より使っていてテンションが上がりますね!



 

カラーオーダーできるJOGGOの手帳カバーの紹介

まずは値段やサイズなどの基本的な情報です。

  • 値段:税込9790円
  • サイズ:A5(高さ228×幅165×厚み15mm)
  • 重さ:185g

私はA5サイズのノートを入れて使っていますが、手帳カバーということで「ほぼ日手帳カズン」や「EditA5」といった手帳を入れることも想定して作られているようで、厚めのノートも入りそうです。

ハードカバーで240ページあるロイヒトトゥルムとなるとさすがに入りませんでしたが、160ページある大人のキャンパスノートを試したら余裕で入りました。

ペン挿しも大きめで多機能ボールペンのピュアモルト(4色+シャーペン)が入りました。

JOGGO 手帳カバー

 

8か所ものパーツの色を選べる

JOGGO 手帳カバー

色を選べるパーツは以下のとおりで、14色から選んでいきます。

パーツごとにポチポチと色を選んでいくだけなのでサクサク進みます。

  • 表紙
  • 背表紙
  • しおり
  • 内側の左ポケット
  • 内側の右ポケット(3か所)
  • ベルト

 

JOGGO 手帳カバー

リアルタイムにイメージ画像が表示されるので完成後の姿がイメージしやすいです。

とはいえあくまでグラフィックなので実物との違いが気になる方は革のサンプルを無料で取り寄せできるのでそちらを利用するとよいかと思います。

 

革の色の選択のほか、ブランド名(JOGGO)の色の選択と名入れを決めたら完成で、名入れは入れても入れなくても値段は変わりません。

色の組み合わせに迷う方もいらっしゃるかもしれませんが、人気のパターンが用意されていてそれを参考に調整することもできます。

プレゼントなどで迷ったら相手の方の好きな色やイメージに合った色をベースにすると良さそうです。

JOGGO 手帳カバー

 

1000円安いノートカバーやサイズ違いも

ノートカバー

JOGGO ノートカバー

私が購入したのは手帳カバーという商品ですが、似たようなデザインで手帳カバーより1000円ほど安い税込8690円のノートカバーという商品もあります。

大きな違いはしおりが2本ではなく1本なところと、ベルトがないところであとは内側のデザインが少し異なっています。

しおりやベルトが不要なら値段が安いノートカバーの方で良いかと思います。

 

サイズ違い

JOGGO 手帳カバー(ほぼ日weeks)

手帳カバーやノートカバーにはA6サイズのほか、「ほぼ日手帳WEEKS」サイズの手帳カバーもあります。

 

実際に使ってみて気になったところ

実際に使ってみて不満とまで言えるような悪い点は思い当たらないのですが、気になったところや注意点をあげます。

届くまで2~3週間かかる

カスタムオーダーなので仕方ないところではありますが、注文してから届くまでに2~3週間ほどかかります。

プレゼントなどで急ぐような場合は注意が必要です。

ただし、追加でお金を払えば納期を早めることもできます。15日以内にするには+1000円、8日以内にするには+2000円です。

 

ブランドロゴが必須

JOGGO 手帳カバー

ブランドロゴ『JOGGO』のカラーを金、銀、型押しのいずれから選ばなければならず、選択しないと買い物かごに入れられないようになっています。

ロゴは入れられないようになってても良いんじゃないかなーとは思いました。

たかぎし
たかぎし
型押しにしたら目立たないのでそこまで不満なわけでもありませんが、なくてもよいかなーと。

 

まとめ:カラーオーダーでオリジナル感のあるノートカバーをカンタンに作れる

ポケットが多くて名刺やメモ用紙にフセンなどよく使うものをきちんと収納できてノートカバーとして快適に使えています。

それでいて自分が好きな色の組み合わせをチョイスした本革カバーということで他にはなかなかないものでとても愛着がわきます。

たかぎし
たかぎし
気になった方はJOGGO公式サイトでオーダーできるのでそちらを見てみてください。
リンク

 

手帳カバーやノートカバー以外にもペンケースなど文具のほか、財布やキーケースなどオーダーできる革製品が色々あります。

JOGGO公式サイト



関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。