コーヒー

【コーヒー】ネルドリップ試してみたら手入れは面倒じゃなかった!

ネルという布を使ってコーヒーを淹れるネルドリップ。

テレビ番組『カンブリア宮殿』でサザコーヒーという喫茶店がネルドリップで淹れていて、お客さんから『おいしい!』と絶賛されていました。

ネルドリップは手入れの手間があるからめんどくさがりの自分にはムリだと思っていたのですが、番組を見て無性にネルドリップを試してみたくなりチャレンジしました。

購入したのはいつものハリオのネルドリップです。

ハリオは安くて高品質で安心です。

ネルドリップを試してみてわかったこと

ネルドリップ

ネルドリップをはじめて3週間ほど経った中で気づきをまとめてみました。

味の違いはまだわからない

肝心の味なんですが、普段のペーパーフィルターや金属フィルターでドリップしたときとの違いがあまりわからず・・・

淹れ方に慣れていないためなのか、舌がバカなのか・・・

 

「深煎りの豆を使うのがお勧め」という記述をどこかでみたので試してみることにして、苦いのは苦手なのでカフェオレで淹れるときにはネルドリップにしています。

何だかマイルドでいつもより美味しいような気もしますが、「これはうまい!!全然違う!!」みたいな感動はありませんでした。

手入れはめんどくさくない

手入れが面倒と思っていたのですが、これが意外にも面倒ではありませんでした。

そもそも豆から挽いてお湯沸かしてペーパードリップをセットして・・・などなど色々な工程があるコーヒードリップ。

ネルを水洗いしてから水につけて冷蔵庫にしまうだけ。匂いが出てきたと思ったらたまーに煮沸するくらいです。

毎日数回ドリップしても全く苦でない私には何てことないのです。

なのでほとんど毎日淹れられています。

 

そのかわりに嫌なのがネル(布)のつけ外し

コーヒーを淹れるたびにネルを金属の輪からつけ外しするのですが、これが面倒!!

自分が下手なだけなのかもしれませんが、スルッといかないとストレスです。

泡がよく出て淹れるのは楽しい

ここまであまり良いことを書いてこなかったですが、泡の立ち具合が全然違うので楽しいです。

泡がよく立つと良い豆の状態なので気分が良いもの。

ネルドリップは泡が立ちやすいそうで、同じ豆でも全然違います。

 

まとめ:ネルドリップを試してみてわかったこと

まとめ:ネルドリップを試してみてわかったこと

ドリップに慣れてれば手入れは面倒ではないけど、ネルのつけ外しが面倒。

味の違いがわからない!

たかぎし
たかぎし
う~ん、感動したかった・・・

 

でも淹れるのはペーパードリップよりも楽しいです。

楽しみながら淹れ方を模索しているところなので、そのうちに好みの淹れ方が見つかって評価も変わってくるのではないかと思っています!

 

 

コーヒーについてはこんな記事も書いていますので、よかったらコチラもどうぞ!

こんな記事も書いています
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。