万年筆本体

[日記]ついにカスタム845を手に入れた!!

近頃新しい万年筆に対する興味はだいぶ落ち着いていて、どちらかといえば良い鉄ペンの方ばかり見ていました。

ペン習字には硬めの鉄ペンが書きやすくて、都合が良いのですよね。

とはいえもちろん金ペンも大好き。

 

デザインで惹かれることは近ごろはあまりありませんが、純粋な書くことに関して優れた万年筆はいつでも探し求めています。

そういった意味ではパイロットはやはり抜群の安心感。

当ブログのコメントでもおすすめいただいてきた、カスタム845をこのたび購入しました。

 

いろいろあって注文してから使うまでに3ヶ月ほどかかりました。

取り寄せに2ヶ月かかり、ペン先の誤りにより更に1ヶ月待たされ・・・。

 

ついにご対面。

シンプルで地味な見た目ですが、天冠がカスタム74のように丸くない平らなデザインはこちらのほうが好き。

バイカラーなペン先のデザインも好き。

カスタムURUSHIとほぼ同じデザインですね。

カスタム845 / パイロット

 

ペン先はペン習字に使いたかったこともあり細字(F)にしました。

インクはパイロット純正のブルーブラック。

書き心地は普通(普通ではない)ですが、これが素晴らしい。

普通と書いたのは面白みがないというだけ。

ペン先のしなりは控えめでふわふわ感はなく、かといって硬すぎるわけではなく、強弱はシッカリとつきます。

カスタム845 / パイロット

 

そしてインクフローの安定感はやはり抜群ですね。

細字なのにサラサラと気持ちよくかけます。

このあたりはさすがパイロット。

 

サラサラと書けるのですが、滑りすぎることもなく、引っかかることもなく、ペン習字のように正確な運筆が求められる場面ではとても重宝します。

運筆面ではパイロットのペン習字ペンがかなり素晴らしいのですが、カリカリ感があって気持ちよさの面ではマイナス。

カスタム845はまだ使い始めたばかりですが、書くことの気持ちよさを感じつつ正確なペン運びを両立するパーフェクトという印象を受けました。

楽しさでは私はふわふわな方が好みなので、普通と書いてしまいましたが、筆記具としての信頼感においては私の所有する万年筆の中でもトップになりそうな予感です。

カスタム845についてはまた改めてレビュー記事にします!

こんな記事も書いています

POSTED COMMENT

  1. ryo より:

    845のFは、私も最初フローが弱くて書き味イマイチだったので、パイロットのペンクリで、調整してもらい快適になりました。独特のカリカリ感はパイロット独特の個性でしょうね。

    • たかぎし より:

      >ryoさん
      845のFは筆記具としては超優秀ですね。
      硬めで楽しさは控えめですが、どの方向にもひっかかりがなくてとても書きやすいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。