紙・ノート

【グラフィーロ】万年筆でぬらぬらと気持ちよく書けて中毒性のある紙【神戸派計画】

万年筆ユーザーなら人気なので知っている方も多いかもしれません。ぬらぬらで有名なグラフィーロ。

太字でぬらぬらにハマっている私は、ちかごろグラフィーロでぬらぬらを楽しんでいます。

グラフィーロの特徴と感想

神戸派計画 グラフィーロ

ぬらぬら書ける

「ぬらぬら書く」をコンセプトに開発されたということはあって確かにぬらぬらと気持ちよく書けます。

書き味が何割か増しで滑らかに感じます。

このぬらぬら感はやっぱりたまりませんね・・・!

裏抜けに強い

ぬらぬらの強い敵が裏抜け。ぬらぬらは楽しいのですが、太字でかくと裏抜けしやすいのでノートのように両面に書くものだと注意が必要です。

しかし、グラフィーロは裏抜けにかなり強いようです。

紙の内部に填料が配合されているため裏抜けしないそうです。

グラフィーロ グラフィーロ

フローの良いパイロットのウェーバリーでも裏抜けしません。

ペリカンのスーベレーンの太字でもまったく問題なし。

先日ご紹介したフローが良すぎて裏抜けがひどいワンチャーのエアロダイナでも裏抜けしませんでした。

エアロダイナ ワンチャー グラフィーロ

このエアロダイナで裏抜けしなかったのでグラフィーロで裏抜けすることはなかなかないのでは!?

 

エアロダイナでの裏抜けの様子はこちらの記事に書いています。

関連記事

 

インクの濃淡がよく出る

手元にあったインクをいくつか試してみました。

神戸派計画 グラフィーロ 神戸派計画 グラフィーロ

インクの濃淡がよく出ています。楽しい・・・!

万年筆ラクガキのサトウヒロシ先生も愛用されている

にじみや裏抜けに強く、クッキリとした線がかけるので絵を描く人にもおすすめです。

サトウヒロシ先生の万年筆ラクガキでは水筆をつかって色をぼかすのですが、水に濡れても紙がふやけたりせず安心してぼかしを楽しめるのでまさにピッタリです。

 

先日体験した万年筆ラクガキでもグラフィーロを使用しました。

サトウ先生は「グラフィーロに出会ってなければこうして万年筆ラクガキをすることもなかったのではないか」とまでおっしゃっていました。

万年筆ラクガキ体験の様子についてはこちらの記事に書いています。

関連記事

 

ノートや便箋などラインナップが様々

ノートはもちろん、断裁されたままの一枚一枚が独立した断裁紙や一筆箋、便箋、メモブロックなどいろいろな形態で出ています。

私が使っているのはA5の横罫線のノートです。

ノートには方眼罫や無地もあります。

グラフィーロのまとめ

万年筆

ぬらぬらの気持ちよさはもちろんですが、裏抜けしないところに魅力を感じました。

万年筆ラクガキをするのにもピッタリなのでこれで万年筆をさらに楽しみます!

 

おすすめの万年筆や万年筆で使うノートについての記事を書いています。良かったらこちらもどうぞ!

こんな記事も書いています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。