ノート

『1冊のノートにまとめる』ってやつをやってみた

学生時代は科目ごとに分けてノートを作っていた。

社会人になってからも『読書ノート』、『仕事ノート』、『投資ノート』、『マインドマップノート』など用途によってノートをわけてきた。

しかし一冊のノートに全部まとめると良いらしい。

ブログやYOUTUBEでこうした内容を見かけた。

元ネタになっているのは、どうやらこの書籍。

ノートを1冊にまとめることの効果

記憶しやすい

ノートを目的別に分けるよりも時系列に書いていったほうが覚えやすい。

時系列に書いていると「あのときやったやつだ!」と記憶を取り出しやすくなる。

ノートを見返すときにも大体の記憶からどれを見ればよいか思い出す。

言われてみるとたしかにそんな気はする。

記憶って別の記憶と紐付いてると思い出しやすい。ちょっと忘れててもすぐ思い出す。

ノートをなくさない

ノートをいくつも使ってると、「あのノートどこ行ったっけ?」と探すことがある。

1冊にすればそんなことは起こらない。

わかる。

よく使うノートは問題ないけど、たまにしか使わないノートは探しまわったことがある。

それに出先で目的のノートが手元にないと書けなくて困る。

アイデアが生まれやすい

いろんなことを詰め込むことで、見返したときにインスピレーションが起こって、新しいアイデアが生まれやすい。

書きかけのノートがいくつも発生しない

いろんなノートに書き分けていると、使いかけのノートがいくつも発生する。

これめっちゃ当てはまる。

使いかけで止まってるノートが何冊もある。

まだ使えるからと取っておいたけど結局いらないから娘に落書き帳としてあげてる。

達成感

ノートを1冊使い切ると達成感がある。

1冊にまとめることで使い切るサイクルが早くなるので達成感をたくさん感じられて継続できる。

わかる!

文房具好きならなおさら嬉しいはず。

ボールペンの替芯をおろすときとか、新しいノートを使うときとか、インクを補充するときって嬉しい。

特にノートはそれまでと違うものを使ってみようとか気分を変えられるから、なおさら嬉しい楽しい。

これがあるのでルーズリーフより綴じノートの方が良いらしい。

うーん、たしかに達成感があると続きやすいもんな。

ノートを1冊にまとめる方法

とにかく1冊のノートにまとめる。

学生だったら科目も関係なく時系列で1冊に。

私のように社会人だったら、仕事プライベート関係なく時系列にガシガシ書いていく。

 

買いモノしたときのレシートとか、映画の半券とか、新幹線のチケットとか何でもどんどん貼って記録していく。

ノートに使った人の人生が詰め込まれたようになっていく。

これだけ。すごくシンプル。

やっぱりシンプルなのは良い。複雑なことは使いこなせれば良いけど、めんどくさくて続かないことも多い。

疑問に思ったこと

学生の場合はノート提出というイベントがある。

そんなときに全科目が一冊のノートになってると困りそうだ。

回収されちゃったらその間ノートに書けないし。

学生じゃないけど気になるところだなあ。

1冊のノートにまとめてみた

記憶しやすい

う~ん、あんまりこれは実感してない。

そもそも記憶すべきことを書いてるわけでもないので別に困ってない。

ノートをなくさない

これは当てはまる。

使うノートも置き場所も決まってて探す時間もなくなったのでとても快適

アイデアが生まれやすい

これはどうだろう・・。

あんまり新たなアイデアが生まれるってことは感じてないな。

でも何でもガシガシ書いたり、レシート貼ったりすることでノート見返すと情報がつまってるから、「あれってどうだっけ?思い出せん・・。」ってことがなくなった。

結構何気ないことがあとで必要になったりするから、これはよかったと思う。

 

テレビのためになる話とか、食べ物の評価とか見返してみると今まで残してなかったようなこともたくさん書くようになった。

あと旅行した時のチケットとかキレイな紙とか、とりあえずそこら辺に置いておいたものの置き場所なくて結局捨てるってことがあったけど、置き場所(貼り場所)ができたことで悩まなくなった。スッキリ。

ノートを分けてると、そのノートの目的外のことは書けないという制約が自分の中でできてて書くのをためらうこともあったけど、そういったことがないのは大きい。

なので、単純にノートに書くことも見返すことも増えて、よりノートを活用できるようになったって感じ。

中途半端なノートが発生しない

これはそうだな~。

ムダなノートが増えなくなって嬉しい。

もし未だに目的別にノートを分けてたら、きっとブログ用ノートとかつくっちゃってたんだろう。大して書かないだろうに。

達成感

新しいノート使うの楽しい。

次はtwitterでつぶやいた真っ赤なロルバーンを使う予定。

ロルバーンは初めてなのでワクワク。

『1冊のノートにまとめる』のまとめ

万年筆

ノートが終わったら『カバーアップテープ』というロールタイプのフセンに何冊目かを表すナンバーとノート使用期間を書いて表紙に貼っています。

(例)
vol.5
2018年1月1日~2018年1月14日

『カバーアップテープ』は好きなところで切り取れるので大きさを調節できるのと、全面がのりになっているのでピッタリ貼り付けられるところが便利です。

この一手間であとでノートを探すときに探しやすくなるのでおすすめです。

おすすめというか個人的に気に入っているノートが『ロルバーン』です。

ロルバーンの好きなところを簡単にまとめるとこんなところです。

  1. 方眼紙できれいに書きやすい
  2. オシャレなデザイン
  3. ポケットがついていて簡易的にファイリングできる

 

特にデメリットもなく、メリットのほうが大きいのでこれからも1冊ノートを続けていきます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。