はらぺこあおむしの歌が名曲過ぎて歌えるくらいハマったよ

シェアする

あの有名で人気の定番絵本の「はらぺこあおむし」が好きだ。もちろん、子どもも好きだが、私も好きだ。

子どもができるまではタイトルと表紙くらいしか知らなかった。昔からあるけど、おそらく自分が子どものときには読んだことがなかったのだろう。子どもができてからも私は虫嫌いなので興味なかった。

しかし、歌を聴いてからハマった。そもそも歌があるなんて知らなかったけど、名曲だった。マジ。

歌詞が絵本の内容そのままで、あおむしの成長を描いている。あおむしが生まれる歌い始めはしっとりと、そしてあおむしが動き出してからはテンポ良く、飽きさせない展開で楽しい。この歌がなければ好きにはならなかっただろう。

気づけば口ずさんでしまう。たまに本意気で歌いすぎて子どもに「うるさい!」と怒られる始末。でも基本、歌って踊れば子どもは大喜びで一緒に歌いだす。子どもも歌で覚えられるので、字が読めなくても絵本を1人で読めてしまう。いや、読めてはないんですが。子どもの記憶力はホントすごい。

とりあえず聴いたことがなかったら聴いてみてほしい!

そして絵本は色々なタイプが出ている。保育園や幼稚園で使われるめちゃくちゃ大きいサイズのものから、パスポートくらいの小さいサイズもあるし、飛び出す仕掛けのものやぬいぐるみ付、CD付のものも。値段も全然違う。

うちはミニエディションがある。下の画像の通り、スマホより少し大きいくらいで軽くて小さいので持ち運びしやすくて重宝している。子どもがいるとただでさえ荷物は多くなるので、これはありがたい。3歳になった今でもたまに読んでるし、価格も740円くらいで割とお手頃なのもありがたい。多分、絵本の中で一番使い倒してる。

友人の出産祝いにも、はらぺこあおむしの絵本にした。お祝いなので奮発して飛び出す仕掛け付きのものに。動きがあるのって楽しいよね。

Google Adsense(レクタングル大)×2




Google Adsense(レクタングル大)×2




シェアする

フォローする

Google Adsense(レクタングル大)×2